ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
TOP »例会 »23-24年度 » 第32回例会(通算第409例会)
この例会への参加の受付は終了しています

第32回例会(通算第409例会)

例会の開催期間:2024年5月13日正午 ~ 2024年5月19日正午
23-24年度RIテーマ 「世界に希望を生み出そう」
23-24年度2730地区テーマ 「平和を求め、希望あふれる、明るいロータリーライフを進めよう」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、
  社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、
  日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、
  親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動を
 おこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した。
 (ロータリー章典26.020)

ロータリーソング


 



 



 

君が代





会長の時間

会長の時間会長 吉永 由香


 2730ジャパンカレントロータリーEクラブ
 2023-24年度 第32回(通算第409回)例会を開催いたします。
 
 GWで2週間休会でした。皆さまどのように過ごされましたでしょうか。私は当番で出勤だったのですが、物流関係の仕事をしているとGWの交通渋滞は毎年頭を悩ませるところです。高速道路の渋滞状況をチェックしていても結局自分達ではどうすることも出来ず、とにかく早く渋滞を抜けて欲しいと祈るしかありません。関係者の尽力もあってこそですが今年は思ったほどの遅れは発生せず安堵しました。
 
 話しは変わりますが、4月25日(土)、えびの市にて宮崎西部グループのIMが開催されました。IMとは、以前「例会の質問」でも取り上げましたが、インターシティーミーティングの略です。グループ単位で、ガバナー補佐が主催して開かれることが多く、知識を広め深めるとともに、グループ内の会員の親睦を図るもので、テーマはロータリーのこと、一般社会のことなど、そのときに話題になっていること、考えなければならない問題点を講演やフォーラムなどの様々な形式で行われるものです。
 
日時:4月25日(土)13:30~18:30
場所:えびの市文化センター、道の駅えびの
参加者:45名
内容:防災士による講座及びワークショップ「クロスロード」
   懇親会

宮崎西部グループガバナー補佐 吉村様の挨拶

ホストクラブ えびのRC 会長 石坂様の挨拶