ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
TOP »例会 »23-24年度 » 第30回例会(通算第407例会)
この例会への参加の受付は終了しています

第30回例会(通算第407例会)

例会の開催期間:2024年4月15日正午 ~ 2024年4月21日正午
23-24年度RIテーマ 「世界に希望を生み出そう」
23-24年度2730地区テーマ 「平和を求め、希望あふれる、明るいロータリーライフを進めよう」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、
  社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、
  日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、
  親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動を
 おこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した。
 (ロータリー章典26.020)

ロータリーソング


 



 



 

君が代





会長の時間

会長の時間会長 吉永 由香


 2730ジャパンカレントロータリーEクラブ
 2023-24年度 第30回(通算第407回)例会を開催いたします。
 
 4月に入り、新卒者を迎えられた企業や学校も多いのではないでしょうか。期待と不安を抱えて自分が入社した頃のことを思い出します。
 以前、テレビを見ていて衝撃を受けた特集がありました。それは若者世代の新常識として、LINEの「。」は「怒っている」と思われるというものでした。連絡やコミュニケーションによく利用されているスマホのアプリ「LINE」。メッセージの語尾や最後に付ける句点の「。」(まる)に対して若者は威圧感や、そっけなさ、冷たさを感じるというのです。
 
 番組の中で解説されていたのは、「普段若者は、チャットのようにやりとりをするので、単語や文節で送っている。句読点を打つはずのところで、すでに送っているので基本的に打たない。その為句読点を見慣れない。見慣れないからこそ、あえて付いていることに意味を見いだしてしまい、ここには怒りや威圧感が込められていると感じてしまう。」というものでした。
 また、こうも解説されていました。
―なぜ世代間でここまでギャップが広がってしまうのか?
 大人世代はガラケーメール世代で、メール文化を引きずっている。メールなので文章は長いし、読みやすくするために改行したり、誤解されないために絵文字を付ける。しかし若者は最初からチャットのようにコミュニケーションしていたので、短文で送るのが当たり前なので、そもそもツールの使い方が全く違う。
 ここで、番組内にて取り上げられていた①あえて「。」を使うケース、②若者が思う正解、③若者に送ってはいけないNGワードの画像をインターネットより引用してご紹介します。