ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
TOP »例会 »20-21年度 » 第22回例会(通算283回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

第22回例会(通算283回例会)

例会の開催期間:2021年1月 4日正午 ~ 2021年1月10日正午
20-21年度RIテーマ 「ロータリーは機会の扉を開く」
20-21年度2730地区テーマ 「不易流行 ~ロータリーの基本を堅持し、変化に適応するクラブ~」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、
  社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、
  日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、
  親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動を
 おこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した。
 (ロータリー章典26.020)

ロータリーソング











君が代


会長の時間

会長の時間会長 今柳田 幸代


 2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2020-21年度第22回例会(通算283回例会)を開催いたします。
 
 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
皆さま、お正月はいかがでしたでしょうか。今年はコロナの影響もあり、どこも静かな年始となっているようです。商売をされていらっしゃる方々にとっては厳しい年始となっているのではないでしょうか。今は仕方がない部分もありますが、少しで将来に希望がもてる日々になってほしいものです。
 
 2021年がスタートし、新年1回目の例会となります。そして今期もあと半年、折り返しとなります。気持ちを新たに、初心にかえって取り組んでいきたいと思います。
 下半期は地区の行事も計画され、クラブとしてもプロジェクトの実施を予定しております。これまで活動できなかった分、これからの活動を充実させることができたらと思っております。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
 このような時だからこそ、気持ちは前向きに、活動が制限されることもありますができる方法を見つけて、新しい一年をエネルギッシュな気持ちで過ごしていきたいですね。
 
 さて、今月は「職業奉仕月間」です。
私たちがロータリアンとして大事にしている「職業奉仕」という考え方!
以前、大重パストガバナーが公式訪問でお話してくださったことを思い出しますが、「自分にとって職業とは?」を改めて考える機会にしていただこうと思って、ロータリーの友で特集が組まれておりましたのでご紹介いたします。
 
タイトルは 『 “ Rotariann’s PRIDE ” ―私のプライド,その仕事― 』 です。
そして、表紙ページには次のようなコメントも掲載されていました。
多様な職業人の集まりであるロータリークラブ。
ロータリアンには例会や奉仕活動で見せる顔がある一方、その道の専門家の顔もあります。
職業を通してロータリアンが「つくっている」ものを表していただきました。
あなたが「つくっている」ものは?
 
  特集では、全国のロータリークラブから20人のロータリアンが紹介されています。20人の中の一人として、RI第2730地区からもお一人紹介されていました。鹿児島サザンウインドロータリークラブの今期会長である岩下いずみさんです。素敵な笑顔の写真とコメントが紹介されています。
つくっているものは ⇒ 「笑顔」
ドッグサロンを経営しています。ペットホテルで犬の世話をしたり、シャンプー・カットでかわいく仕上げたりします。飼い主のお出迎えの瞬間は、犬も自然と最高の笑顔になります。その笑顔に店内も優しい雰囲気に包まれます。私の仕事は、顧客とワンちゃんの笑顔をつくることだと思います。

 その他、広告看板業として提灯をつくっている方、皮膚科の開業医、ホテル経営者、グラニュー糖の元になるビード(テンサイ)をつくっている方、映画やテレビのVFX(視覚効果)のデザイナーとして「平成仮面ライダーシリーズ」や「スーパー戦隊シリーズ」などの子ども向け特撮作品を手掛けている方、牧場直営の壱岐牛専門料理店を営んでいる方、葬儀用の生花の装飾をされている方、コンビニのレジカウンター横に設置されている揚げ物や肉まんなどを温めるホットショーケースの開発から製造・販売まで手掛けている方など、本当に様々な職業の方がロータリアンとしてそれぞれの地域で誰かのために、またよりよい社会をつくるために、深い思いをもって働いていらっしゃいます。どの方もご自身の職業に誇りをもち、物や思いを届けていらっしゃるのだなと感じました。そして、自分も20人のロータリアンのように、熱い思いをもって、これから働いていきたいなと思いました。
(記事の全文を読めるようにPDFを添付いたしましたので、是非ご覧ください。)
 
皆さまにとって、職業を通して「つくっている」ものは?
もしよろしければ、例会のコメントでお書きください。

なお、今週のメインプログラムは中村パストガバナーの卓話となっております。コロナ禍の中で、Eクラブだからこそ貴重なお話を直接伺うことができるのだなとありがたく感じています。プログラム委員長の吉永さん、貴重な機会を企画してくださり、ありがとうございます。

 長くなってしまいましたが、皆さまにとって、本年が良い一年となり、今週も良い一週間となりますように。
 

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 東 岳也

幹事報告
幹事 東 岳也
皆様新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
幹事報告をいたします。
 
【Eクラブに関する報告】
 ■ クラブから
 ■ プロバスケットボール無料観戦招待事業(地区補助金事業)
    2021年2月14日(日) 姶良市総合運動公園体育館
 ■ 第3回理事会
    2021年3月14日(日) 姶良市公民館
 ■ ポリオ撲滅のための街頭募金活動
    2021年4月11日(日) 10時~12時 鹿児島山形屋前
 
【地区及び分区に関する報告】
 ■ ガバナー月信12月号の配信について
    ※詳細は12月7日送信メールをご確認ください。
 ■ 2022-23年度ガバナーの決定
     山ノ内 文治会員 鹿児島RC
 ■ ロータリーデー
    2021年2月23日(火祝日)
 ■ 職業奉仕セミナー
    2021年2月27日(土) メインホテル
 ■ PETS
    2021年4月3・4日(土日) 中山荘
 ■ 地区研修協議会
    2021年4月25日(日) 中山荘
 ■ 地区大会
    2021年5月14日(金)~16日(日)
     鹿屋体育大学、ホテルさつき苑
 ■ 国際大会の案内
    2021年6月12~16日 台湾・台北
    ※詳細は12月6日送信メールをご確認ください。
 
【Eクラブ内 連絡事項】
 ■ 例会プログラムについて
    クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会から、「例会年間計画」を、各会員へメールが
    送られておりますので、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。
     提出期限:原則例会開始日の10日前
     提出先 :SAA 柴田 伸久 例会プログラム委員長 吉永由香
 
 ■ メークアップの連絡について
    クラブ会員の出席については、副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの
   例会に出席できなかった時は、メークアップされるようお願いします。
    メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた出席証明書を副幹事
   花里までメール等で報告ください。
 

委員会報告



メインプログラム

コロナ禍でのロータリアン ~今、そして、これからをどう生きるか?~国際ロータリー第2770地区パストガバナー RLI日本支部ファシリテーター委員長(吉川ロータリークラブ) 中村 靖治 様

 皆様、明けましておめでとうございます。
年明け第一回目の例会に、RLI日本支部ファシリテーター委員長で国際ロータリー第2770地区パストガバナーの中村靖治様よりご寄稿頂いております。
「コロナ禍でのロータリアン ~今、そして、これからをどう生きるか?~」と題してすばらしい卓話となっておりますので、共に学びましょう。


コロナ禍でのロータリアン ~今、そして、これからをどう生きるか?~

国際ロータリー第2770地区パストガバナー
RLI日本支部ファシリテーター委員長  
(吉川ロータリークラブ) 中村 靖治
§1 はじめに -祈言(ことほぎ)-
画像:ジョンズ・ホプキンス大学によるコロナ感染者数の報告
 
 迎春の慶びを申し上げます前に、まずは旧年うちに他界なされたロータリアンに衷心より祈りを捧げます。そして、今日ここに、これからのロータリーについて、ともに語り合える場を持てることに心からの感謝を捧げます。
 皆様、あらためまして、新年おめでとうございます。
 
§2 この一年を振り返って  -『ロータリーの友』誌を中心に-
 『ロータリーの友』誌は、昨年、11月号・12月号に『特集・新型コロナに関する影響調査結果』という記事を組みました。いま、改めて、ここに掲載されたデータや周辺記事を一つ一つを見てゆくとき、日本のみならず世界のロータリアンの持つ、柔軟な思考回路や革新的な視点、多様なものをまとめ上げて前に進んでいこうとする包摂力など、さまざまなエネルギーを感じます。
 その中でも、第一に気が付くことは、「コロナ禍襲来に対して、きわめて迅速な対応と周到な確認をしたロータリークラブが多くある」という点です。 
 2020年4月27日から5月25日まで緊急事態宣言が発令されました。しかし、日本のロータリークラブでは、緊急事態宣言発令以前から例会が自粛されていたとともに、再開に際しても十分な状況判断がなされてから例会が開かれたことがデータより指摘できます。
   
と、ともに、ZOOMやYouTubeなどといった「オンラインによる例会の開催」など新たな技術の導入によって「会員相互のつながりの新局面」ももたらされました。そして、おおむね肯定的であるというオンライン形式に対する会員の評価を受けて、約半数のクラブが「オンライン例会」の継続を考えているという点もまた注目すべき点ではないでしょうか。
 では、このような変化は、「コロナの急速な蔓延によって、突然もたらされた結果」なのでしょうか?確かに表面的にはコロナによるものという点で、私たちはそうせざるを得なかった(受動的)ように見えますが、実は、一概にそうとも言い切れないのではないか?私たちロータリアンはもっと積極的にこの状況を乗り越えてきたのではないか?と思われるのです。
 
 以下に、三つの例を挙げます。
 まずは、「昨年4月に国際ロータリー理事会より出された例会規定の緩和についての文
書」皆さまのクラブでも、さっそくこの緩和条件をクラブの運営に取り入れていらっしゃるのではないでしょうか。
 第二に、「規定審議会」での決定。2016年規定審議会では、「クラブ運営における大幅な柔軟性を認める」という視点から、例会の頻度や場所や方法、出席、クラブの構造、会員種類に関する大幅な変更、e-Clubと一般クラブとの区別の撤廃などが行われました。また、2019年の規定審議会でも、会員身分、例会と出席における柔軟性、メークアップ規定などの変更がなされています。