ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »20-21年度 » 第16回例会(通算277回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第16回例会(通算277回例会)

例会の開催期間:2020年11月 9日正午 ~ 2020年11月15日正午
20-21年度RIテーマ 「ロータリーは機会の扉を開く」
20-21年度2730地区テーマ 「不易流行 ~ロータリーの基本を堅持し、変化に適応するクラブ~」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、
  社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、
  日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、
  親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動を
 おこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した。
 (ロータリー章典26.020)

ロータリーソング











君が代


会長の時間

会長の時間会長 今柳田 幸代

2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2020-21年度第16回例会(通算277回例会)を開催いたします。
 
 11月になりました。寒さも厳しさを増し、鹿児島でも朝の気温が一桁になる日もあります。いよいよ冬だなと感じる今日この頃です。皆様のところはいかがでしょうか。11月に入り、コロナに加えてインフルエンザの感染も心配になります。感染予防をし、お体に気をつけてお過ごしください。
 
 今月は「ロータリー財団月間」です。また、11月5日を含む1週間は「世界インターアクト週間」です。
 「ロータリー財団月間」について、詳しくはメインプログラムでロータリー財団委員会から話がありますので、会長挨拶では月信11月号のガバナーメッセージを引用させていただき、少し触れたいと思います。
 
 ガバナーメッセージでは、ロータリー財団について以下のように説明されています。
ロータリー財団は1917年、米国ジョージア州アトランタで開催された国際大会において、アーチC.クランフが 「全世界的な規模で慈善・教育・その他社会奉仕の分野で、よりよいことをするために基金をつくろう」と提案したことに始まります。アーチ・クランフは、6人目のRI会長で、ロータリー財団の父と呼ばれています。1917年の国際大会の数ヶ月後に、この新しく誕生した基金は、米国ミズーリ州カンザス・シティーRCから米貨26ドル50セントの最初の寄付金を受け取りました。1928年、ミネソタ州ミネアポリス国際大会で、この基金は、ロータリー財団と名付けられました大恐慌が世界中で影響を及ぼし始めた1930年に、ロータリーの創始者ポール・ハリスが名前を秘して米貨500ドルを寄付し、ポール・ハリスの要望により、財団は最初の補助金を身体障害児童保護国際協会に授与しました。この行為はロータリー財団の歴史を振り返ると、ポリオプラ スを予感させるような思いがします。
1917年に26ドル50セントの寄付から始まったロータリー財団は、10億ドル以上の寄付を受けるほどの大きな 財団に成長しました。財団はこうして多くの方々に支えられ、人道的分野や教育面での支援活動を続けています。
 
 また、日本におけるロータリー財団の活動として、ロータリー国際親善奨学生について触れています。
日本の最初のロータリー国際親善奨学生は清水長一氏で、1950年に米国のコーネル大学で学び、2人目は緒方貞子氏で、1951年にワシントンD.C.のジョージタウン大学で勉学しました。
緒方氏は、1996年ロータリー国際理解賞を受賞していますし、2004年大阪国際大会でも印象的な基調講演をしています。緒方氏は、その基調講演の中で「今日、どこに紛争がおきても、遠い国の出来事ではありません……。さまざまな人種間の間に理 解、寛容、率直さを推進する唯一の方法は、教育だと固く信じています……。ロータリーを通じて社会奉仕の重要性を学びました。超我の奉仕というロータリーの標語に、深く感銘し、その後の指針となりました」と述べました。1990年から2000年まで国連難民高等弁務官を勤めた緒方氏は、学友会のスピーチで『教育の価値は本を読めること』と語っています。
財団は、この奨学金プログラムを契機に発展しました。以後、財団の歴史は、ある意味でプログラムの歴史でもあります。
 
 恥ずかしい話ですが、私はガバナーメッセージにありました「ロータリー国際親善奨学生」「ロータリー国際理解賞」について、詳しく知りませんでした。そこで、この機会に調べてみました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この機会に確認していただけたらと思います。
ロータリー国際親善奨学生
 ロータリー財団で最も古く、よく知られたプログラムである国際親善奨学金は、1947年に創設されました。それ以来、財団の援助の下、およそ100カ国から39,000人を超える人々が外国へ留学してきました。今日では、民間団体が提供する海外留学奨学金としては世界最大のものとなっています。2007-08年度には800口以上の奨学金が授与されました。総額約5億ドルにも上る奨学金を通じて、100カ国以上で奨学生が勉学しました。
  国際親善奨学金の目的は、異なる国や地域の人々の間に理解と友好関係を推進することです。このプログラムは大学学部生や大学院生のほか、職業関連の研究を希望する有資格の専門職者を対象に、数種の奨学金を提供しています。外国に留学中、奨学生は国際親善使節としての役割を果たし、ロータリー・クラブやその他の団体で、母国に関するスピーチや発表を行います。帰国後、奨学生は、留学中の親善使節としての体験談をロータリアンやその他の人々に話します。 
 世界中のロータリアンからの寛大な寄付は、今日の国際親善奨学生が明日の地域社会と世界のリーダーへと育っていく、という信念を表しています。 
 
ロータリー国際理解賞
 ロータリー国際理解と平和賞 (Rotary Award for World Understanding and Peace)ロータリー75周年の1980年に、RIは他者への超我の奉仕を通じて国際理解、親善、平和を推進した個人または団体を表彰するため、毎年、ロータリー国際理解賞(現、ロータリー国際理解と平和賞)を授与する事にした。
 第1回受賞者には、日本の岩村昇博士が選ばれ、その後ジミー・カーター元米国大統領、緒方貞子元国連難民高等弁務官、ローマ法王等が受賞している。75周年に始まったこの賞も、100周年に当たる2004-05年度に廃止された。(用語便覧2008)
 
(RI2660地区ロータリー百科事典より)
  現在、ロータリー財団のプログラムは①地区補助金 ②グローバル補助金 ③ポリオプラス ④ロータリー平和センターの4つです。この4つのプログラムについても月信で丁寧に説明されています。この機会にロータリー財団のプログラムについても理解を深めましょう。
    (月信11月号ロータリー財団補助金セミナー)
 なお、セミナーの内容については、第14回例会の委員会報告でも報告されていますので、内容が重なる部分もあるかと思います。セミナー当日の質疑応答等は、委員会報告を参照ください。
 
今週も皆さまにとって、良い一週間になりますように。


幹事・委員会報告

幹事報告幹事 東 岳也

幹事報告をいたします。
 
【Eクラブに関する報告】
 ■ クラブから
   ※クラブFacebookページに出欠を報告ください。(11月13日まで)
  ・ 2019-20年度会長・幹事慰労会
    開催日  2020年11月28日(土)
    時 間  18時30分~
            場 所  黒茶花(くろじょか) 姶良市宮島町19-33 ℡0995-66-3299
            会 費  当日徴収
 
      ・ 2020-21年度理事会
    議題案
            ・ クラブ総会開催日程及び議題
            ・ クラブ研修会開催日程及び内容
            ・ プロバスケットボール観戦招待(地区補助金)事業日程及び内容
            ・ ポリオ撲滅のための街頭募金事業日程及び内容
            ・ その他
             開催日  2020年11月29日(日)
             時 間  9時30分~11時30分
             場 所  姶良市公民館 姶良市西餅田589 ℡0995-66-2044
 
【地区及び分区に関する報告】
 ■ 地区社会奉仕委員会研修会の開催について
   2020年10月18日(日) 13時~15時
   メインホテル5F シャインホール 登録料 2,000円
   ※廣田委員長が出席されました
   
 ■ ガバナー月信11月号の配信について NEW!
   ※詳細は11月4日送信メールをご確認ください。
 
 ■ 地区大会日程の変更について
   旧 2020年11月13日(金)~15日(日)
   新 2021年5月14日(金)~16日(日)
     国立大学法人鹿屋体育大学、ホテルさつき苑
 
【Eクラブ内 連絡事項】
■ 例会プログラムについて
  クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会から、「例会年間計画」を、各会員へメールが送られておりますので、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。
 提出期限:原則例会開始日の10日前
 提出先 :SAA 柴田 伸久 例会プログラム委員長 吉永由香
 
 ■ メークアップの連絡について
  クラブ会員の出席については、副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの例会に出席できなかった時は、メークアップされるようお願いします。
メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた出席証明書を副幹事花里までメール等で報告ください。

委員会報告



メインプログラム

ロータリー財団月間についてロータリー財団委員長  西 幸司

 ロータリー財団月間について 
ロータリー財団委員長  西 幸司
 
 ロータリー財団に寄付されると世界に奉仕が築かれる地域社会の為に、未来において持続可能なプロジェクト(後世の人々を支援し続ける事柄)を実施する為に必要な財源となります。寄付者の名前を冠した基金によって支えられている平和フェローシップと恒久基金に冠名で寄付される物が有ります。
 恒久基金へのご寄付は、未来において持続可能なプロジェクトを実施するために必要な財源となります。恒久基金への寄付は投資され、元金が支出されることはなく、収益の一部がロータリー財団プログラムを恒久的に支える事となります。これにより、今日のロータリーを支えると同時に、世界で良い事をするロータリーの未来を支える事が出来ます。
 恒久基金へのご寄付は、投資によって100年先もロータリーが活動するための力となり、持続可能なプロジェクトを通じてインパクトをもたらし続ける為です。
 
 ロータリー財団に寄付頂いた資金は寄付の種類により、資金使途が異なります。
① 年次基金寄付金:3年間資金を運用して、その運用益はロータリー財団の管理運営費に充当されます。3年後に元金全額を地区補助金・グローバル補助金等地区やロータリー財団で使います。3年前の年次基金寄付(元金)が私たちの地区に配分される仕組みは、次項のシェアシステムで示しています。
② 恒久基金寄付金:元金は使わず1 年間の運用益のみかが地区財団活動資金(DDF)とロータリー財団で使われます。但し運用益はゼロの場合もあります。
③ シェアシステムによる配分例:シェアシステムのルールとして地区財団活動資金(DDF)と国際財団活動資金(WF)が50%に配布される。
④ 地区財団活動資金(DDF)の配分は、グローバル補助金(GG)に50%以上を、残りが地区補助金(DG)に配分される。〔配分額(率)はガバナー・地区財団委員長など承認によって決定〕
⑤ 地区補助金(DG)を配分例として、クラブ奉仕プロジェクト(我クラブで青少年プロバスケット観戦事業)などが有ります。
 
 非常に複雑で私もMy ROTRIを参考にしましたが、説明出来ていないとは思いますが、是非自分で理解する様に御努力をお願いします。
 ロータリアン皆さんの「ロータリー財団を支える」寄付で支援の理由は、世界各地での奉仕活動(健康状態を改善し・教育への支援を高め・貧困を救済する)事を通じて、「世界理解・親善、平和」を達成出来る様にする事が「ロータリー財団の使命」です。ロータリー財団の活動は、『補助金プログラム(グローバル補助金(GG)・地区補助金(DG)』を利用して、地域社会で「財団のプロジェクト」は地域の状況に応じてロータリアン個人では達成出来ない事柄を皆さんの力を合わせて、「思いを達成する為」に資金が必要です。大切な皆さんの寄付で集まった大事な資金を利用して、世界平和に繋がる「グローバル補助金(GG)」と皆さんのロータリアンの地元での社会奉仕活動が出来る「地区補助金(DG)」利用で目的を達成させて、個人では出来ない社会奉仕をロータリアンとして参加出来ます。
〈寄付が世界にもたらす影響〉
・わずか60セントで、1人の子どもをポリオから守る事が出来ます。
・50ドルで、水を介する疾病から人びとを守るために安全な水を提供する事が出来ます。
・500ドルで、いじめ撲滅キャンペーンを立ち上げ、子どもたちに安全な環境を作る事が
出来ます。
 
ロータリー財団委員会へのご協力をお願いし、寄付についても宜しくお願いします。

※ロータリー財団寄付口座については、後日クラブ会計よりメールにて
 ご連絡いたしますのでご確認ください。

出席報告副幹事 花里 隆二

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第15回例会(第276回例会)
会員数 出席義務
会員数
出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    17     16     11      1       0   68.8%
第14回例会(第275回例会)
会員数 出席義務
会員数
出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
     17      16    12      1       1  81.3%
メーキャップ 中村会員(南九州大崎RC)

第13回例会(第274回例会)
 会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
      17      16     12       1        2     87.5%
メーキャップ 宮本会員(宮崎東RC)、廣田会員(地区社会奉仕委員会)

第12回例会(第273回例会)
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
       17     16     13      1       0  81.3%

<メークアップ報告>
 第15回例会(通算第276回例会)にメークアップされたのは、
 以下の9名(地区内4名、地区外5 名)の方々でした。
 メークアップありがとうございました。
  
      島津 久友さん  (都城RC)
      仁田脇 康之さん (宮崎北RC) 
   小笠原 剛さん  (大分中央RC) 
   佐藤   理さん   (倉敷RC)
   中村 壽秀さん (都城RC)
      吉田 日士光さん(豊中南RC)
      尾形 学さん  (久留米北RC)
      魚住 秀昭さん (熊本江南RC)
      安達 龍大さん (宮崎北RC)
     

今月の誕生者

11月誕生日を迎える会員は、以下の3名です。
お誕生日おめでとうございます。

池 海英さん  22日
花里 隆二さん 26日
菊地 平さん  28日

今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第16回例会(通算277回例会)

6.060. 役員の任期
本細則に別段の規定がある場合を除き、役員は7月1日に任期を開始し、1年またはその後継者が選出されるまで在任する。

上記は、国際ロータリー細則第6条に書かれていることを
知っていましたか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/