ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »19-20年度 » 第41回例会(通算261回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第41回例会(通算261回例会)

例会の開催期間:2020年6月22日正午 ~ 2020年6月28日正午
19-20年度RIテーマ 「Rotary connects the world ~ロータリーは世界をつなぐ~」
19-20年度2730地区テーマ 「クラブの活性化に努めよう」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング

















君が代



会長の時間

会長の時間会長 西 幸司




国際ロータリーテーマ  「ロータリーは 世界をつなぐ」
RI2730   目 標   「クラブの活性化に努めよう」
 
2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2019−2020年度第41回例会(通算261回例会)を開催いたします。
 
ロータリーの月間で6月は「ロータリー親睦活動月間」です。「ロータリーの目的」を実践するには会員同士の親睦を深めてロータリーファミリーの輪を広げる事と思いますが、今年は「新型コロナウイルス感染問題」で緊急事態宣言が発令されて経験のない長期間の外出自粛要請が続きました。その為に一般のクラブ(Traditional Club)では「3密(密閉・密集・密接)」で例会開催も中止されていました。我ロータリーEクラブはウェブサイト上で例会を毎回開催しましたが、地区行事等に参加してのリアルにメンバーと会って懇親会(親睦会)も減ってしまい残念でした、それに雰囲気的にも「外出自粛」が重荷になって活動が減ったのは私だけではないのではと思います。リアル会う必要性は大きく「楽しいクラブ運営(コロナに負けず・感染せず・感染させず・安心安全な活動)」を行う為にも「オンライン親睦会」も活用する事を今後も検討して行きましょう。国際的に「民族問題・政治問題・経済問題・教育問題など」問題が表に現れて、報道機関のニュース等で「人々の争い」が報道され一部地域の問題でなく国境を超えての問題に発展している様で、ロータリー「ロータリーの目的」と「4つのテスト」が、特に必要な時代がやって来たのでは、「世界平和」への寛容な心が大事な時を迎えている様です。
 
新しい生活様式で感染防止の3つの基本(①身体的距離の確保,②マスクの着用、③手洗い)と移動に関する感染対策が必要です。日常生活を営む基本的(密集・密接・密閉)3密回避を進めて「買い物・娯楽やスポーツ等」や「公共交通機関」の利用法や冠婚葬祭などの親戚行事や会食等の食事の取り方にも注意が必要となってきます。それに加えて働き方の新しいスタイル(テレワークやローテーション勤務・時差出勤でゆっくりと・オフィスは広々と・会議はオンライン・名刺交換はオンライン・対面での打合せは換気とマスク)、業種によって関連団体等の感染拡大予防ガイドラインを参考に生活しましょう。県境超えて移動も可能になり、今後は海外へも移動出来る様になりますが、感染問題は無くなった訳ではなく「共に共存していく事」で世界的にも経済社会を保つ為にも、感染問題と仲良く付き合う事と、「備を常に」で心にゆとりを持って「病は気から」と思い生活しましょう。
 
ロータリーを一段と深く学んだと思う一年でした、会長として目指した「楽しいクラブ運営」の仕上げの時に感染問題で行動出来なく「会員増強維持」で会員1名減と成り、責任を感じています。来期会長のクラブ運営に協力してロータリーを学び、楽しい仲間と親睦を深めてロータリーファミリーとして活動していきます。今期を終える時、この1年間「会長の時間」を読んで頂き有り難う御座います、乱筆乱文お許し下さい。

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 宮本 健児

                                                           
以下、幹事報告をいたします。
 
【Eクラブ行事等の案内】
・創立記念例会開催
 2730ジャパンカレントロータリーEクラブ
 創立記念例会は当初の予定通り開催いたします
 開催日時 6月28日(日) 12時から
開催場所 都城メインホテル 地区事務所
となっております。
 
また、併せて理事会も開催いたします。
理事会は午前10時からを予定しております。
 
それぞれフェイスブックでもお伝えしておりますが
詳細は22日にメールでお知らせします。

【Eクラブ行事等の報告】
・報告はありません。
      
【地区及び分区に関する案内】
・風呂井ガバナーエレクト事務所より、地区研修協議会について
 様々なお知らせが届いておりましたので、会員の皆様にメールしました。
 ご確認くださいますようお願い致します。
 
【地区及び分区に関する報告】
・報告はありません。
 
【他クラブの行事等に関する案内】
・案内はありません。
 
【Eクラブ内 連絡事項】
★例会プログラムについて
 クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会より、「例会年間計画」と「直近の例会プログラム、各記事の担当者のお知らせ」を、ご登録いただいているメールへ送られております。
 各自メールチェックをしていただき、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。
 
★メークアップの連絡について
 クラブ会員の出席については、幹事と副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの例会に出席できなかった時は、お住いの地域のトラディショナルクラブや他地区のEクラブの例会でメークアップされることをお願いしております。そこで、メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた日付とクラブ名を幹事へ報告してください。よろしくお願いいたします。

メインプログラム

「今期最後のご挨拶」国際ロータリー第2730地区ガバナー 喜島 健一郎
会長 西 幸司
幹事 宮本 健児


いよいよ2019-2020年最終例会となりました。
 そこで今回は「ガバナー月信6月号」より喜島ガバナーのご挨拶をご紹介させていただき、今期の例会プログラムを終了させていただきます。
 一年間、皆さまには例会プログラム委員会へご協力いただきありがとうございました。準備不足等で年間活動計画通りに進められないケースも多々ありSAAの花里会員には本当にお世話になりました。
 結果、一年間無事に例会を進めることができました。ご迷惑おかけしたところもありましたが「行き当たりバッチリ」ということでご容赦いただき、今次の例会プログラムが皆さまの学びとなりましたら幸いです。
 これからも会員全員で例会プログラムを盛り上げていきましょう。
 
ガバナー挨拶
 「2730地区会員の皆様コロナを恐れるな !! されど全力で用心しよう !!!!!」
「頑張れ ROTARY!!」」


                            国際ロータリー第2730地区ガバナー
                          喜島 健一郎
 
 私がガバナーを務めさせていただく最後の月が訪れました。昨年 7 月から「ロータリーは世界を繋ぐ」という RI のテーマと「クラブの活性化に努めよう」という地区のテーマに対し、多くの皆様方にご支援を頂きましたことに対し心から御礼を申し上げます。
 来月からは風呂井ガバナーと共に、新しい次年度のRI テーマと地区テーマに沿ってスタートします。年度がかわっても「ロータリーの心と原点を大切にしよう」という言葉に沿い、我々は努力を続けていく必要があります。
 コロナウイルスの脅威はいまなお多くの人々の不安となり、経済を圧迫しています。立場の違いで多くの意見が分かれることになるでしょう。しかし、我々は批判することだけでなく、前に進まなければいけません。このような時だからこそ、ロータリーの目的を再度考え直してみましょう。
  
<ロータリーの目的>
第1:知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること
第2:高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕す る機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること
第3:ロータリアン一人一人が個人として、また事業及び社会生活において日々奉仕の 理念を実践すること
第4:奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、 平和を推進すること
 
 今回 2730 地区では、宮崎・鹿児島両県に 10000 個ずつ、フェイスシールドを医師会・歯科医師会に寄贈させていただきました。これは、第 2760 地区名古屋の伊藤ガバナーが発起人となり、全地区挙げてのプロジェクトとなりました。国や県の職員の方々だけでなく、医療の現場最前線で感染のリスクを抱えながら頑張ってくれている医師・歯科医師の皆さんがいます。その方々の身を守るためにも物資調達が必須と考え、コロナウイルスがニュースになり始めたころから動き始め、フェイスシールドの優先手配の準備を整えてくれたのが伊藤ガバナーでした。
 フェイスシールド寄贈の迅速な手配ができたことは、知り合いが広がることで達成できたことであり、その結果、奉仕の理念を持った職業人たちが高い倫理基準を保ち、世界中のネットワークを通じて活動を行ったことで危機管理の共有ができたことにつながったのだと思っております。
 また、フェイスシールドプロジェクトだけでなく、青少年委員会では、台湾から青少年の留学生の方々にマスクが届きました。様々なところでロータリアン各々の活動による支援の輪が広がっていることを実に感じた 1 か月でありました。
 今年度の皆様の努力に感謝申し上げますとともに、次年度の活動に対しましても、ご理解・ご協力の程、心よりお願い申し上げます。
 1 年間、ありがとうございました。
                
                                                                     「ガバナー月信」2020年6月号より
 
※会長の西 幸司分は、「会長の時間」にて掲載しております。

             「今年度を振り返って」
                                幹事 宮本健児
 
 今年度幹事として勤めてまいりましたが、幹事職も終わりに近づき感じた事は、前任者の方々は大変ご苦労を重ねられて来たのだなと実感した事です。
私は所属する会社の好意で、就業中も仕事に支障を来たさない程度ならロータリー業務を行って良いという環境であり、今年度のガバナー事務所の担当事務員さんとは普段から気安く接して頂いておりましたので、意思の疎通がスムーズにはかれた恵まれた環境であったにもかかわらず、幹事職はやはり負担でした。
これを業務時間外でこなされていた前任者の方々はもっともっと苦労をされていたのだと頭が下がる思いがいたしました。
自分としては、前年度、副幹事として携わり、若干の予備知識は学んだつもりではおりましたが、実際に年度が始まると、クラブに届くメールには目を配らせ、ガバナー事務所とのやり取りや、諸行事の取り仕切りなど、様々な業務が有り、常時適切に対応することが出来ていなかったように感じています。皆様からの指摘で気づく事も多々あり、ご迷惑をおかけする場面も多かったように認識しています。申し訳ありませんでした。
幹事の仕事についての感想では、幹事職で一番の大仕事は、ガバナー公式訪問時に使用する、アッセンブリ資料の作成だと思います。これが仕事量の半分くらいを占めるのではないかと認識しています。
他の、諸々の会合の手配などは会員の皆様の笑顔とご協力に助けられ、なんとか乗り越えることが出来たと感じています。
また、今年度は新型コロナウイルスの影響により、我がEクラブはもとより、世界ロータリー、日本ロータリー、第2730地区ロータリーにおける関係者の方々の大変なご苦労が有ったと思います。特にPETSや地区研修協議会が開催されないという未曽有の事態への対応を強いられ、今柳田会長エレクトや東次期幹事は大変だったと思います。
次年度の東次期幹事は、我がEクラブ創立時、会長職を経験されている、会の中で常に中心的な役割を担って来られた方です。私が僭越にも先輩風を吹かせるような必要は一切無い、我がクラブのエース的存在であられます。逆に私が足を引っ張ったりしないかという心配が頭に浮かぶくらいです。
また、嬉しいことに、次年度の初めには、入会を希望される方もおられます。これからも皆さんと一緒に楽しく、ロータリー活動に携わって行きたいと想起しながら幹事職を辞したいと思います。
最後に、私の幹事としての今年度を振り返り、拙い取り仕切りで皆様にはご迷惑をおかけしたと思います。ここで改めてお詫びを申し上げ、また、ご協力頂いた皆様へ感謝の言葉を述べたいと思います。一年間ありがとうございました。
 
 

出席報告副幹事 廣田 みき

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第40回例会(通算261回例会)
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
      18      16      14         2         0  87.5%
第39回例会(通算260回例会)
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
      18      16      14         2        0  87.5%
第38回例会(通算258回例会)
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
      18      16     14       2        0  87.5%
第37回例会(通算257回例会)
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
     18      16     14       2       0  87.5%

メークアップ報告
第40回例会(通算第260回例会)にメークアップされた方は、以下の4名(地区内2名、地区外2名)でした。

岡田 耕平さん (大阪大手前RC)
小笠原 剛さん (大分中央RC)
仁田脇 雅之さん(宮崎北RC)
小笹 貴之さん (鹿児島中央RC)


  

今月の誕生者


6月誕生日を迎える会員は、以下の方です。
おめでとうございます!

3日 吉永 由香さん

今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第41回例会(通算261回例会)

5.060.2. 定足数
RI定款または細則がより多くの投票を義務づける場合を除き
理事会メンバーの過半数を定足数とする。

上記は、国際ロータリー細則第5条に書かれていることを
知っていましたか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages