ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »19-20年度 » 第19回例会(通算239回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第19回例会(通算239回例会)

例会の開催期間:2019年12月 9日正午 ~ 2019年12月15日正午
19-20年度RIテーマ 「Rotary connects the world ~ロータリーは世界をつなぐ~」
19-20年度2730地区テーマ 「クラブの活性化に努めよう」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング

















君が代



会長の時間

会長の時間会長 西 幸司

    

       国際ロータリーテーマ  「ロータリーは 世界をつなぐ」
        RI2730   目 標   「クラブの活性化に努めよう」

 2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2019−2020年度第19回例会(通算239回例会)を開催いたします。
 
12月は「疾病予防と治療月間」です。「ロータリアン行動グループ」を紹介したいと思います、ロータリアンとロータリアンの家族やプログラム参加者と学友が集まって行動している、「専門的スキルや知識を社会や世界のために生かしたいとお考えて行動している」グループです。
 疾病との闘い 薬物中毒防止・アルツハイマーと認知症・失明予防・献血・糖尿病・家族の健康/エイズ予防・保険教育と福祉・聴覚・肺炎・マラリア・メンタルヘルス・多発性硬化症・ポリオサバイバーと支援者が有ります、これらを実践する為には「世界平和推進(内戦等での地域平和・強制労働の防止・家庭内暴力の防止など)」・「安全な水の提供と衛生(水と衛生)」・「母子の健康(内反足・人口と開発)」・「教育(識字)」・「地域経済の成長(マイクロファイナンスと地域発展・災害援助)」と「複数の重点分野に関連するグリープ(撲滅危惧種・環境の持続可能性・食料食物の栽培)」のロータリアン行動グループが有り、新たに行動グループはニーズに合わせてロータリーアンとして情報収集をして支援が必要です。
 
ローマ・カトリック教会のフランシス教皇が11月23から4日間の日程で24日に原爆被爆地の長崎、広島市を訪問し「核兵器廃絶と平和へのメセージ(すべての命を守るため)」を被爆地から核廃絶を発信しました、広島でローマ教皇への贈り物で「広島市立広島工業高校の生徒7人が『平和を願う被爆地広島や日本の気持ちが伝われば』との思い込めた折り鶴を銅板(世界平和記念聖堂の耐震工事で屋根材の使った物)をカトリック広島司教区から提供された。折り鶴は、全て手作業の工具(小槌やヤットコなどを使い、折っていく)で、銅板は通常のものに比べて、0.3〜0.35㎜と3倍の厚さがあり、折るのは一苦労だったが、2~4日掛けて完成させた。」と聞き、技術者育成の一つと嬉しく思いました。
教皇の〈核抑止を強く否定〉「核兵器を所有することは、平和の望みへの最良の答えではない」「核戦争の脅威で威嚇しながら平和を提案できるのか」被爆地の長崎、広島両市で行った講演で、特に強調したのは核兵器による「抑止力」の否定だった。武器開発を「テロ行為」と糾弾し、「戦争のための原子力使用は犯罪」とも言い切った。現在の世界の分断に懸念で教皇が国家元首を兼ねるバチカン(ローマ教皇庁)は核兵器禁止条約を最初に批准した3カ国の一つ。条約発効には50の批准が必要だが、現時点で批准国は33と伸び悩む。背景には、日本を含む多くの国がロシアと並ぶ核大国・米国の「核の傘」に依存している実情がある。「自国第一主義」を懸念され、天皇陛下や安倍首相との会談などの訪問行事終えて帰国の機内記者会見で「原子力発電が完全に安全になるまで、私は核エネルギーを使いたくない。災害が起こらない十分な保証はない」と原発の利用に反対を表明した。そこで私も正しい情報を集めたいと思います。

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 宮本 健児

                                    幹事 宮本 健児

以下、幹事報告をいたします。
 
【Eクラブ行事等の案内】
・ポリオ撲滅街頭募金in宮崎について
 イオンモール宮崎より開催の了解を得ました。
 日時が決まりましたのでお知らせ致します。
日時 2020年1月26日(日)
11時~15時
場所 イオンモール宮崎1階北口
※後日フェイスブックにアップしますので
  参加希望の方は宜しくお願いします。

 
【Eクラブ行事等の報告】
・理事会・クラブ総会の報
 
 2019年12月8日(日)
  理事会 10時30分〜12時
  総 会 12時30分〜13時30分
  クリスマスプレゼント交換会が開催されました。
 
・総会に合わせて一泊研修会を開催されました。
 日時
 1日目 2019年12月7日(土)15:00~
 2日目 2019年12月8日(日)午前中
 研修会場所 地区事務所(都城市、メインホテル内)
 
 併せて懇親会も開催されました。
 「笑家」 都城市上町7−1 ララハウス2F
   
  ※上記行事に参加された皆さんお疲れ様でした。
 
【地区及び分区に関する案内】
案内は有りません。 

【地区及び分区に関する報告】
・報告はありません。
 
 【他クラブの行事等に関する案内】
・案内はありません。
 
【Eクラブ内 連絡事項】
★先日皆様にメールでお知らせした「手続要覧」について
 実物の製本された物をご希望の方は11月末までに宮本までご連絡ください。
 クラブでまとめて注文いたします。
 
★例会プログラムについて
 クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会より、「例会年間計画」と「直近の例会プログラム、各記事の担当者のお知らせ」を、ご登録いただいているメールへ送られております。
 各自メールチェックをしていただき、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。
 
★メークアップの連絡について
 クラブ会員の出席については、幹事と副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの例会に出席できなかった時は、お住いの地域のトラディショナルクラブや他地区のEクラブの例会でメークアップされることをお願いしております。そこで、メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた日付とクラブ名を幹事へ報告してください。よろしくお願いいたします。
 

委員会報告広報活動報告 会長 西幸司

広報活動報告
会長 西 幸司

11/17【鹿西RAC(OB・OG会)令和元年記念】鹿児島市(ホテルレクストン鹿児島)
私の出身RACの「OB・OG会」を参加者28名の内に、来賓者「鹿西RC(会長・幹事・RA担当・古木様の5名)で開催しました。メンバーで関東(1名)、福岡(4名)の県外勤務と鹿児島市外(2名)が遠方からの参加でした、欠席者の理由は「孫や子供と親の介護」で忙しいとの事でした。鹿児島東南RC(東さん)・鹿児島城西RC(瀬川さん)と加治木RC(ロータリアンの嫁さん2名)とロータリー地域社会共同体に参加される方などロータリー関係者が居られます。
創立5周年記念「鹿西RACソング」を全員で合唱しました。
会場でロータリーファミリーについてと「ポリオ根絶募金」を行いました、募金金額(4,320円)を募金して頂きました、12月の研修会で会計にお渡し致します。(写真①は創立始めのメンバーです)

11/24【ハムのつどいin第一工業大学】霧島市(第一工業大学)
アマチュア無線家の親睦会でポリオ募金活動を行いました。
朝からの雨で入場者が少なかったが、募金箱をテーブルに置いて午前中2回と午後1回、募金をお願いして募金箱を持って2730REC活動の広報活動をしながら会場を回り、募金額(3,857円)を募金頂きました、12月の研修会で会計に渡します。
都築学園(大学から幼稚園)霧島市に教育施設が有り、ロータリー(IAC・RAC・RC)を事務長や広報課に紹介し、今後もアプローチして行きます。(写真②は2730RECブースです)
 
11/27【鹿西RCで卓話しました】鹿児島市(山形屋デパート)
2730RECの親クラブである「鹿児島西RC」より卓話依頼がありまして、理事会メンバーの協力を頂いて資料(Eクラブの現状についてとメークアップのしかた)を準備して頂いて伺いました。例会はとても和やかで会長・幹事とエレクトとテーブルで久しぶりの「ナイフ・フォーク・スプーン」を使う料理でとっても美味しい料理でした。
私を育ててくれた鹿西RACの提唱クラブで、先日「OB・OG会」令和元年記念を開催して、参加されたロータリアンに会場の様子の写真などの資料をお届けして、参加されなかって昔からお世話になったロータリアンと挨拶して元気な手で握手をして嬉しさと感謝を感じました。
まさか卓話を聞いていたロータリアンの前で、私が卓話する事が出来るとは思っていませんでした、とても
感激します。
  
  ① 集合写真     ② 2730RECブース       ③ 例会会場     ④ 例会報
今後も奉仕活動などの行事で、ロータリーファミリーの繋がりを強めて、会員増強維持に力を入れて、楽しいロータリーを知って貰いたいです。

メインプログラム

結成5周年を迎えてクラブ管理運営委員会副委員長 松下 新平

結成5周年を迎えて
クラブ管理運営委員会副委員長
松下新平
 
 敬愛する長峯基先生のお薦めで入会させていただいて以来、皆様には大変お世話になっております。皆様のご経験やご示唆など大変興味深く有り難く拝読しております。
 今回のテーマについて、昨年、ロータリーに入会して4年というテーマで投稿したものをリニューアルしました。初めての方に自己紹介の意味とロータリーに入会して5年、その崇高な理念を再認識しましたので僭越ながら再掲させていただきます。
 私は、今年で53歳になりました。宮崎県職員、宮崎県議会議員2期5年を経て、37歳で参議院議員初当選、現在、3期16年目を迎えております。私生活では3人の娘(社会人、大学4年生生、今年成人)の父親です。身近な私の応援団です。
 私は、東京オリンピックの2年後の昭和41年、みかん農家の二男として、宮崎市(宮崎市の西15㎞ほどにあります旧高岡町、島津藩の出城があり、薩摩の風習が色濃く残っております。)で生まれました。兄、妹二人の四人兄弟でした。
 宮崎県議会議員だった父が、これからと張り切っていた矢先の44歳の若さで脳梗塞で倒れ、オレンジの自由化等の影響もあり、家が一気に傾きかけていました。
 私は、何か手助けをと、自然に、子供でも出来る新聞配達を始めました。
 当時毎朝配達をして、1ヶ月の給料は5千円でした。給料日には、一目散に、母に茶封筒のまま渡しておりました。いつも母は、笑顔で『ご苦労さん、助かるよ。』と受け取っていました。子供心に、家庭の助けになっていると満足感があったのを覚えています。
 高校卒業後は、夢を求めて、迷いなく日本の中心東京へ出て行きたいと胸を膨らましていました。もちろん、親に負担を一切かけない住み込みの新聞配達を見つけて全て手続きも自分で済ませました。苦学生のそんなに多い時代ではありませんでしたが、東京で挑戦出来る喜びに満ち溢れていたのを覚えています。
 上京する日の朝、玄関から靴を履いて家を出発しようとしていた私を母から呼び止め、これをと手渡されました。手渡されたのは郵便局の通帳でした。その通帳を開けると、そこには5000円の金額が綺麗に並んでいました。あの時、家計の助けにと始めた新聞配達の給料が手付かずで毎月そのまま貯金されていたのです。私は、驚くと同時に赤面しました。
 親思う心に勝る親心と申しますが、私も3人の娘の父親として、今はっきり分かります。真っ暗の寒風の早朝や雨の日の新聞配達に我が子を送り出す親の方がどれほど心配で辛かったか・・・。しかし、倒れた父親の分まで、強く生きて欲しいと、心を鬼にして新聞配達をする息子を見守ってくれたんだと・・・ 。
 
 それから、紆余曲折がありましたが、この間、様々な出逢いがあり、多くの導きがありました。夢であった政治家を職業として与えられましたが、理想と現実に悩み眠れない夜も幾たびかありました。
 そんな矢先の2011年3月11日、東日本大震災が日本を襲いました。福島第一原発事故に対する収束の不手際、初動の大失態もあり、かつて経験したことのない未曾有の大惨事に、日本の風景が一変しました。
 人間は、科学によって非常に豊かな文明を生み出しましたが、あらゆる科学が人類に役に立つものではないことが原発事故で突きつけられました。我々は、人類文明を破壊するような科学の危険性にこれまで目をそらしていたのではないか自問自答の日々が続きました。
 戦後の復興を成し遂げた80代の方々が、「この状況は、戦後の焼け野が原に似ている。今の若者に我々のような気概があるか」と話されているのを聞きました。「人智を超えたものに対する創造的な智恵」です。
 父が倒れ、新聞配達等様々な経験をした責任世代の私に、同志とともに、日本再興を課せられた使命であると職業奉仕を実践しております。
 郷土の偉人であるビタミンの父高木兼寛先生は「病気を診(み)ずして病人を診よ」という言葉を残されました。これは、医学の実践から出た言葉でしょうが、物事の本質を見極める原点として私の政治活動の範としております。
 大震災を経験した日本の将来は、助け合いの精神、慈悲の精神のみなぎった国家にしなくてはならないと想います。
 争い合う時代から許し合う時代へ、気は優しく力持ち、そういう日本をつくります。
今後とも、お導きよろしくお願いします。

出席報告副幹事 廣田 みき

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第18回例会(通算238回例会)2019/12/2~2019/12/8
会員数 出席義務
会員数
出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
    19    19      15      0      1   84.7%

第17回例会(通算237回例会) 2019/11/25~2019/12/1
 会員数 出席義務会員数 出 席  会員数 出席免除
会員数
メーキャップ出席会員数   出席率
    19     19     17     0     1  94.7%
第16回例会(通算236回例会) 2019/11/19~2019/11/24
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    19      19      14       0      1    78.9%

第15回例会(通算235回例会) 2019/11/11~2019/11/18
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
    19      18      15      1      0 83.3%


メークアップ報告
第18回例会(通算第238回例会)にメークアップされた方は、以下の7名(地区内5名、地区外2名)でした。

三ヶ尻 麗子さん (都城北RC)
花田 武浩さん  (小林RC)
高須 義男さん  (延岡東RC)
尾形 学さん   (久留米北RC)
佐藤 理さん   (倉敷RC)
河東 光浩さん  (都城RC)
小牧 正英さん  (令和RC)

メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


12月誕生日を迎える会員は、ございません。






今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第19回例会(通算239回例会)

3.030. 加盟が停止されたクラブまたはローターアクトクラブの権利
加盟停止中、クラブまたはローターアクトクラブは、細則によるいか
なる権利も持たず、RI定款による権利のみを保持する。

上記は、国際ロータリー細則第3条に書かれていることを知っていましたか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages