ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »18-19年度 » 第29回例会(通算207回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第29回例会(通算207回例会)

例会の開催期間:2019年3月11日正午 ~ 2019年3月17日正午
18-19年度RIテーマ 「 BE THE INSPIRATION 」
 ~インスピレーションになろう~
18-19年度2730地区テーマ 「 プラスワンの考動を! 」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング














君が代





会長の時間

会長の時間会長 松岡 高史

                           会長斜視bb 
                   2018-19年度 会長テーマ

「 Amazing Rotary  (びっくりするようなロータリーに)」

みなさん,こんにちは。
2730ジャパンカレントロータリーEクラブ第29回例会を開催いたします。今期も残り3か月余りとなりました。今週は,もう1度クラブ運営について考えてみましょう。

1 例会出席
 好きな時間に好きな場所から例会に参加できることは,Eクラブの最大の強みであるはずです。しかし,我々Eクラブの出席率は他クラブと比べても褒められた数字ではありません。「いつでも参加できる」そんな気持ちが,例会出席を後回しにしてしまってはいないでしょうか。他クラブのロータリアンと同様に,例会は一週間の中に必ず訪れるルーティンと認識し,自分自身でタイミングを設定したうえで,例会へは必ず出席するという心構えを持つべきだと考えます。我々の例会にはメーキャップも多数いただいていますが,週の前半に自クラブのコメント数が少ないのは大変寂しいことです。メーキャップの依頼を推進していくうえでも,我々自身の出席率は常に100%を目指していきましょう。

2 会員増強
  クラブ活動の根源となるのは会員であり,その会員一人ひとりが資質を高めることで,実現できる奉仕活動の成果は大きく飛躍します。そして更に,会員個々の努力を結集することで「人類に奉仕するロータリー」でいられることが出来ます。ポリオ撲滅まであと一歩と迫れているのも,世界120万人を超える会員が努力を結集したからに他なりません。
ロータリーが行っている奉仕に,自身がロータリアンであることに誇りを持ち,まずは身近な人にロータリーのことを伝えていきましょう。そして同時にロータリーを楽しみ,その楽しさを周りに伝播していきましょう。会員増強を難しいものと捉えずに,自分が行っている自分の好きな活動を伝えていく。会員増強も楽しんで行いましょう。

3 奉仕活動
  当クラブの会員は居住地が広範囲に点在しています。2017-2018年度もポリオ撲滅のための街頭募金活動を行いましたが,全会員が同時に参加しての活動というのは困難です。しかし,広範囲に点在し,インターネットに慣れ親しんでいるからこそ出来る奉仕活動という形も考えられると思います。例えば例会だけでなく,奉仕活動もウェブ上で行う。勿論リアルで行った方が良いものとの棲み分けは精査し,トラディショナルクラブとの連携も検討することで,一つのロータリークラブが行う奉仕活動よりも,大きな成果を収めることが可能になるかもしれません。また,今の時代に必要とされている奉仕が何なのかを見極め,ロータリーが必要とされ続けている所以も守り抜いていく必要があります。

4 親睦
実際に顔を合わす機会が少ないのが,我々Eクラブの最大の弱点です。しかし,その弱点は一つの特性として受け入れ,Eクラブだからこそ得られる機会を享受しなくてはなりません。その一つが例会でのコメントです。自分がコメントを残すだけでなく,出席者全員のコメントを見られる例会を行っているのはEクラブだけです。先週の例会のページで全員のコメントを読むだけでも,会員同士の考え方を知ることが出来ます。また,クラブのFacebookページや個人ページを活用することで,より近況も知ることができます。直接会える親睦の機会は少なくとも,違う形での交流を重ねておくことで,各種大会や地域での親睦会で顔を合わせる際に,親睦を深められるきっかけとなるものと考えています。

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 廣田 みき


Eクラブに関する案内
●リアル理事会について
 日時:2019年3月17日(日)11:00~14:00(予定)
 場所:ウェルネス交流プラザ(都城市)No.1 セミナールームA
  ※FB理事会にて出欠確認の連絡を行っておりますのでご確認よろしくお願いいたします。
   出席:松岡会長、西会員、東会員、今柳田会員、宮本会員、花里会員、吉永会員、廣田
 
地区及び分区に関する案内
・案内はございません。
 
他クラブの行事等に関する案内
●「串良ロータリークラブ創立記念50周年記念式典及び祝賀会のご案内」
 日時:平成31年4月13日(土) 
   式典   14:30~、記念講演15:40~、祝賀会17:00~
 場所:ホテルさつき苑(鹿屋市)
 登録料:10,000円
 出席者:中村会員
  ※詳細につきましてはメールをお送りしておりますのでご確認ください。
 
●「えびのロータリークラブ創立記念50周年・えびのローターアクトクラブ再結成5周年記念式典および祝賀会のご案内」
 日時:平成31年4月20日(土) 
   式典14:00~、祝賀会17:30~
 場所:記念式典)えびの市文化センター大ホール(えびの市)、祝賀会)周山(えびの市)
 登録料:10,000円
 登録締切:平成31年3月末日
 出席者:今柳田会員、廣田
※詳細につきましてはメールをお送りしておりますのでご確認ください。
 
【Eクラブ行事等の報告】
・報告はございません。

Eクラブ内 連絡事項
●5周年記念式典、前日準備について
  ・5周年式典、前日に準備、最終確認が出来たらと思います。
   夕方頃ご集合いただき、当日のスケジュール、役割分担の最終確認、最終準備が
   出来たらと思いますのでお知らせいたします。

●5周年記念式典について
  日時:平成31年6月23日(日) 記念式典11:00点鐘  懇親会12:00~
  場所:メインホテルナカムラ
      ※5周年記念式典前日、当日の詳細につきましては実行委員会を重ねておりますので、
         決まり次第ご案内いたします。
 
★今年度の行事予定を早めにご案内いたします。WEB出席も含めまして、多くの皆様にご参加いただければと思いますので日程調整いただければと思います。よろしくお願いいたします。
 
★例会プログラムについて
毎週クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会より、「例会年間計画」と「直近の例会プログラム、各記事の担当者のお知らせ」をご登録いただいているメールへ送られておりますので必ずメールチェックをしていただき、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。


委員会報告創立5周年式典実行委員会委員長 東 岳也

            【創立5周年記念式典及び祝賀会のご案内】

                        創立5周年式典実行委員会委員長 東 岳也

2730ジャパンカレントロータリーEクラブは2014年4月1日に創立し、同年6月23日に加盟認証され、5年の歩みを迎えます。
地区内ロータリークラブ及び国内Eクラブには、記念式典・祝賀会のご案内をさせていただいたところですが、これまで全国から多くの方にメーキャップにお越しいただいております。
以下の日程で式典を開催いたしますので、地区外でメーキャップ会員になっていただいていらっしゃる方でご都合がつかれる方がいらっしゃいましたら、幹事宛ご連絡いただけたらと存じます。

開催日:2019年6月23日(日)
場所 :メインホテル(宮崎県都城市上町8-9)
記念式典:受付   10:30
     開会点鐘 11:00
     閉会点鐘 12:00
懇親会 :開会   12:05
     閉会   13:30

メインプログラム

「ロータリーの友を読んで」ロータリー財団委員会副委員長 戸高 豊文

              「ロータリーの友を読んで」

                   ロータリー財団委員会副委員長 戸高 豊文

日本のロータリークラブの公式情報誌は『ロータリーの友』ですが、世界の公式情報誌は『The Rotarian』です。この『The Rotarian』の創刊は1911年1月です。
創刊号の誌名『The National Rotarian』でした。まだアメリカ国内だけのロータリーク
ラブだったのです。

今回「ロータリーの友を読んで」のテーマで卓話を書くことになりました。

私は現在の「ロータリーの友」ではなく、この『The Rotarian』の創刊号の中の記事について書いてみます。

創刊号の冒頭の記事は当時RI会長だったポール・ハリスの有名な「合理的ロータリアニズム(Rational Rotarianism)」です。この記事は有名です。皆さんも目にしたことがあると思います。ネットでも日本語訳があると思いますので、ぜひ読んでみてください。

この記事のことを知らずに現在のことを学ぶのは、基礎をおろそかにして家を建てるようなものです。

実はネット上には『The Rotarian』1911年1月の創刊号から発行された全ての紙面を読むことができるのです。またキーワードを入力することによって紙面にある文字を検索することもできます。

この創刊号には「ロータリー(Rotary)」とタイトルが付けられた記事があります。記事を書いた人の名前はありませんが、私はポール・ハリス本人が書いたのではないかと想像しています。

この記事は日本で話題になることはありません。ですからこの卓話はとても珍しいと思います。

この記事のテーマは「間接的互恵関係」です。

間接的互恵関係とは[A→B→A]の直接的な相互関係ではなく、[A→B→C→D→A]のように、ぐるっと回って間接的に恩恵を得ることです。この記事の著者はこのような輪を作ることこそがロータリー(Rotary)だと主張しています。

私はこの記事にこそ、その後のロータリーの標語「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」の原型があると思うのです。

また興味があることも書いてありました。繰り返しますが1911年1月の記事です。
日本語訳にすると、
「ロータリークラブという蜂の巣の中には、ただ空中にとどまってブンブンと羽音だけ立てて(何もしない)蜂は必要ないのです。」
この「ただ空中にとどまってブンブンと羽音だけ立てている蜂」」のことを英語でdroneと言います。

出席報告副幹事 宮本 健児

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第28回例会(通算206回例会)2019/3/4~2019/3/10
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
     21      21      18      0       0 85.71%

第27回例会(通算205回例会)2019/2/25~2019/3/3
 会員数 出席義務
会員数
出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率   (訂正)
     21     21      17       0       1 85.71%
 メークアップ出席会員 小牧 正英

第26回例会(通算204回例会)2019/2/18~2019/2/24
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    21     21   17       0       0 80.95%
メークアップ報告
第28回例会(通算第206回例会)にメークアップされた方は、以下の4名(地区内1名、地区外3名)でした。

小笠原 剛 (大分中央RC)
尾形 学  (久留米北RC)
豊田 裕康 (日南RC)
佐藤 理  (倉敷RC) 
 
メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


3月誕生日を迎える会員は、以下の方です。
お誕生日おめでとうございます。

  4日   戸高 豊文 会員
28日 桐明 桂一郎 会員



今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第29回例会(通算207回例会)

国際ロータリー定款第6条
第2節 ― 権限。本定款および細則、1986年イリノイ州非営利財団法
およびその後の改正に従って、RIの業務ならびに資金は理事会の指示
と管理の下に置かれるものとする。
RIの資金に関する指示と管理を執行するに当たり、理事会は、細則の
規定によって定められた予算に従って、1会計年度中にその経常収入
と一般剰余金から、RIの目的達成のために必要な額を支出することが
できる。
理事会は、剰余金からの支出を必要とした特別な事情について次の国
際大会に報告しなければならない。理事会は、いかなる場合にも、
その時点におけるRIの純資産を超える負債を生じさせてはならない。

上記は、国際ロータリー定款第6条に書かれていることを見たことが
ありますか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages