ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »18-19年度 » 第15回例会(通算193回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第15回例会(通算193回例会)

例会の開催期間:2018年11月 5日正午 ~ 2018年11月11日正午
18-19年度RIテーマ 「 BE THE INSPIRATION 」
 ~インスピレーションになろう~
18-19年度2730地区テーマ 「 プラスワンの考動を! 」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング














君が代





会長の時間

会長の時間会長 松岡 高史

                           会長斜視bb 
                   2018-19年度 会長テーマ

「 Amazing Rotary  (びっくりするようなロータリーに) 」

 みなさん,こんにちは。
2730ジャパンカレントロータリーEクラブ第15回例会を開催いたします。
  RIは,11月5日を含む1週間(月~日曜日)を「世界インターアクト週間」として順守するように奨励しています。今週は,「インターアクトクラブ」について一緒に考えていきましょう。

 ご存知かと思いますが,インターアクトクラブでは,12~18歳の中学・高校生が,地元でのボランティア活動や海外のインターアクト会員(通称「インターアクター」)との交流を通じて視野を広げ,国際感覚を養っています。ロータリークラブの支援を受けて設立されるインターアクトクラブでは,友だちと一緒に楽しみながらロータリーの「超我の奉仕」を学び,行動力を身につけます。

 約20年前に私がローターアクトクラブの地区代表をしていたとき,2730地区のインターアクトクラブの地区大会にスタッフとして参加したことがあります。自分の高校生のときと違い,とても真面目で素直な子だったことを覚えています。これは,インターアクトクラブの活動を通して,様々なことを体験し学んでいたからだと思います。

 昨年度2月に,鹿児島東南RCがホストとなり開催されたインターシティ・ミーティングでは,インターアクトクラブの活動報告を見ました。中学生や高校生が,自分たちが取り組んでいるボランティア活動の実践を堂々と発表していました。参加者から高い評価を得ていました。
 今年7月には,当地区のインターアクト年次大会が薩摩川内市立少年自然の家で開催されました。各クラブ様々な活動を行っています。また,先日の地区大会でも鹿児島純心女子高等学校の生徒や城西高等学校の生徒が,パネルディスカッションのパネラーとして活躍していました。まだまだ頼り無い部分もありましたが,今後の活躍が期待できる学生達でした。
 
 当クラブは,残念ながらインターアクトクラブを提唱しておりませんが,私達が年会費として払っている金額の中には,インターアクトクラブへの分担金が含まれています。間接的ではありますが,インターアクトのために貢献しています。
 これからも若い世代のために,少しでもお役に立てるよう活動していきましょう。

  
                       引用 My Rotary 宮崎北RCホームページ
 

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 廣田 みき

Eクラブに関する案内
・案内はございません。

地区及び分区に関する案内
・案内はございません。

他クラブの行事等に関する案内
●「出水ロータリークラブ創立記念50周年記念式典・祝賀会のご案内」
 日時:平成30年12月2日(日) 
式典13:00~14:40、記念講演13:00~14:00祝賀会17:00~19:00
 場所:ホテルキング(出水市)
 登録料:10,000円
 登録締切:11月10日(土)
 
※詳細につきましてはメールをお送りしておりますのでご確認ください。
 
【Eクラブ行事等の報告】
●報告事項はございません。

Eクラブ内 連絡事項
●次回リアル例会について
  日時:平成30年12月16日(日)
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
●研修会について
  日時:平成30年12月15日(土)
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
●5周年記念例会について
  日時:平成31年6月23日(日) 記念式典11:00点鐘  懇親会12:00~
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
☆今年度の行事予定を早めにご案内いたします。WEB出席も含めまして、多くの皆様にご参加いただければと思いますので日程調整をよろしくお願いいたします。

メインプログラム

ロータリー財団月間についてロータリー財団委員長 市來 学

                           ロータリー財団月間にあたり
              
                                                     ロータリー財団委員長 市來 学
 
朝夕冷え込むようになってまいりました。
皆さま風邪などお召しにならないよう ご自愛ください。
11月はロータリー財団月間となっております。
ロータリー財団管理委員長で在られる ロンD.バートン氏の皆様へのメッセージが今伝えたい事を表現されていると思いましたので、ここに引用させていただきます。
 
「朋友ロータリアンの皆さまへ」
 
ロータリー財団の補助金を使ってロータリーが行う活動は、抽象的ではなく、人びとの人生に実質的な変化をもたらす本物の活動です。これらの活動は時に説明するのが難しいため、実際に目にすることがそれを知るための一番の方法です。実質的な変化をもたらす財団の力を理解したとき、財団を支援せずにはいられなくなるに違いありません。
 
1987年に私がガバナーに就任したとき、ロータリー最大規模のファンドレイジングキャンペーンが行われていました。これは、ポリオと闘うための資金を集めるためでした。当時、ポリオウイルスはかなり蔓延していました。1988年には、125カ国で35万件のポリオ症例が報告されていました。そしてその年、ロータリーとパートナー組織が「世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)」を立ち上げました。GPEIを通じたポリオ撲滅活動が功を奏し、撲滅において前進が見られ始めました。以来、ロータリーによる献身的な活動のおかげで、ポリオの症例は99.9パーセント減少しました。私たちは今まさに歴史をつくっており、財団は真の変革の一部となっています。
 
また、財団はこのほかにも実にさまざまな方法で人びとの人生を変えています。グローバル補助金による安全な水の提供、地区補助金による子どもたちを対象とした識字率向上プロジェクトなどがその例です。今日ロータリーでは、自分たちの可能性を最大限に生かす意欲さえあれば、これまで以上に多くの機会を利用して世界を変えることができるのです。
 
ロータリー財団とは、グローバルな規模で素晴らしいことを成し遂げるための手段です。財団は今現在、私たちのために存在し、将来にも、才能ある献身的なロータリアンのために存在し続けます。私たちが今しっかりと活動を進めていけば、未来のロータリアンたちがその時に発生している課題に取り組むための財源を残すことができるでしょう。
 
今日、そして明日の夢を現実にする方法は、財団への寄付です。真の慈善活動とは、寄付の額で判断されるものではなく、寄付者一人ひとりの経済的能力に沿った寄付で判断されるべきだと私は考えています。すべてのロータリアンが自分のできる範囲で寄付をした場合に、ロータリーでできることを想像してみてください。
 
私たちロータリアンは、奉仕と恩返しを重んじているだけでなく、慎重に計画を立てます。ロータリー財団への寄付は、疑いの余地もなく賢い投資です。私たちの財団は10年以上連続で、その強固な財務の健全性、説明責任(アカウンタビリティ)と透明性が認められ、慈善団体の独立評価機関であるチャリティナビゲーターから最高の評価を得ています。
 
クラブや地区の全員がロータリー財団を支援するよう奨励し、世界における目に見える変化へのロータリーによるコミットメントを示しましょう。寄付の受益者に会うことはないかもしれませんが、寄付は確実に投資され、寄付がもたらすインパクトは現実のものであるのです。
 
心を込めて
 
ロータリー財団管理委員長
ロン D. バートン
 
ポリオプラス基金によるポリオ撲滅を目指す活動をはじめ、年次基金へのご寄付により大きな変化をもたらすことができます。
・10ドルで、マラリアから人々を守る蚊帳を提供できます。
・26,5ドルで、多くの図書を寄付できます。
・50ドルで、安全な水をもたらす浄水フィルターを提供できます。
・100ドルで、ミシンを提供し、社会的自立をサポートできます。
・500ドルで、いじめ防止キャンペーンを実施できます。
・1000ドルで、助産師の職業研修を実施し、新生児の死亡率を低減できます。
 
財団に寄付する方法はいろいろあります。
ロータリーサイトで登録できる自動寄付、マイロータリーのアカウントからできるオンライン寄付、ロータリーカードのポイントの寄付などがあります。
また、ロータリー日本財団のインターネットページから寄付書式や寄付関連の情報を入手できますので、皆さまよろしくおねがいいたします。
        

出席報告副幹事 宮本 健児

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第14回例会(通算192回例会)2018/10/29~2018/11/04
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ
会員数
出席率
   22    22    19      0      0 86.36%
第13回例会(通算191回例会)2018/10/22~2018/10/28
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
 22  22  20  0   0 90.90%

第12回例会(通算190回例会) 2018/10/15~2018/10/21
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
    22     22    20      0       0 90.90%
メークアップ報告
第14回例会(通算第192回例会)にメークアップされた方は、以下の4名(地区内2名、地区外2名)でした。

    丸山 健太郎(鹿児島中央RC)
    寺川 清  (西条RC)
    佐藤 理  (倉敷RC)
    児島 順二 (かのや東RC) 
    
メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


11月誕生日を迎える会員は、以下の通りです。
お誕生日おめでとうございます。
22日 池 海英さん
26日 花里 隆二さん
28日 菊池 平さん





今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第15回例会
 例会を取りやめることができる理由として、例会日が一般に認められた祝日を含む
国民の祝日にあたる場合、全地域社会にわたって流行病もしくは災害が発生した場合
地域社会での武力紛争がクラブ会員の生命を脅かす場合、理事会は、上記の理由の他
年4回まで例会を取りやめることができ、連続して3回を超えて例会をとりやめるこ
とができないことを知っていましたか。
(2730ジャパンカレントロータリーEクラブ定款第6条 会合 第1節―例会(c)項

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages