ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »18-19年度 » 第14回例会(通算192回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第14回例会(通算192回例会)

例会の開催期間:2018年10月29日正午 ~ 2018年11月 4日正午
18-19年度RIテーマ 「 BE THE INSPIRATION 」
 ~インスピレーションになろう~
18-19年度2730地区テーマ 「 プラスワンの考動を! 」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング














君が代





会長の時間

会長の時間会長 松岡 高史

                           会長斜視bb 
                   2018-19年度 会長テーマ

「 Amazing Rotary  (びっくりするようなロータリーに) 」

みなさん,こんにちは。
2730ジャパンカレントロータリーEクラブ第14回例会を開催いたします。
  10月25日は,世界ポリオデーでした。当クラブでは,藤田奉仕プロジェクト委員長と中村委員を中心に鹿児島市の山形屋前,宮崎市のイオンにてポリオ撲滅のための募金活動を例年行っています。今週は,ポリオについて考えていきましょう。

 ロータリーファミリー以外の多くの方にとって,「ポリオ」は馴染みの薄い言葉だと思います。日本語名は,「急性灰白髄炎」と言い,更に馴染みの無い言葉ですね。「小児マヒ」と言えば,多くの方が「ああっ」とか「聞いたことがある」と言われます。では,「どんな病気か」と聞かれるとロータリーファミリーの方でも「・・・・」という答えが返ってきます。
 感染経路は,経口的にヒトの体内にウイルスが入り,咽頭や小腸の粘膜で増殖,血流を介して中枢神経系へ達し,脊髄運動神経に感染,典型的なポリオ症状を示します。感染後症状がなくても糞便中に数週間にわたりウイルスが排泄され,新たな感染源となります。とくに5歳以下の小児は感染しやすい傾向にあります。

 感染者の90~95%は症状が出ません(不顕性感染)が,約5%には発熱,頭痛,咽頭痛,悪心・おう吐,倦怠感,頚部硬直,下肢痛などの症状が見られます。感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し,そのうち5-10%が呼吸筋麻痺により死亡すると言われています。
 残念ながら,治療法はありません。そこで予防が必要となります。ワクチン接種による予防が主体です。わが国では,2012年9月から生ポリオワクチンによる定期予防接種は中止され,単独の不活化ポリオワクチンが,また,同年11月からはジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチンの4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種に導入され,接種回数も4回になりました。
 
1975(昭和50)年から1977(昭和52)年の間に生まれた方は,ポリオに対する免疫能が他の年齢層に比べ低いとされています。この期間に生まれた方が,ポリオウイルス常在国に渡航する場合には,ポリオワクチンの再接種が望ましいようです。
1985年にロータリーがポリオプラス・キャンペーンを発足させて以来,世界のポリオ感染数は99パーセントも減少しました。現在もポリオ・ウイルスが根強く残るのは,アフガニスタン,ナイジェリア,パキスタンの3カ国です。
絶滅に向け,もう少しご協力をよろしくお願いします。
          引用 My Rotarty

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 廣田 みき

Eクラブに関する案内
・案内はございません。

地区及び分区に関する案内
・案内はございません。

他クラブの行事等に関する案内
●「出水ロータリークラブ創立記念50周年記念式典・祝賀会のご案内」
 日時:平成30年12月2日(日) 
式典13:00~14:40、記念講演13:00~14:00祝賀会17:00~19:00
 場所:ホテルキング(出水市)
 登録料:10,000円
 登録締切:11月10日(土)
 
※詳細につきましてはメールをお送りしておりますのでご確認ください。
 
【Eクラブ行事等の報告】
●報告事項はございません。

Eクラブ内 連絡事項
●次回リアル例会について
  日時:平成30年12月16日(日)
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
●研修会について
  日時:平成30年12月15日(土)
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
●5周年記念例会について
  日時:平成31年6月23日(日) 記念式典11:00点鐘  懇親会12:00~
  場所:メインホテルナカムラ
  ※詳細につきましては決まり次第ご案内いたします。
 
☆今年度の行事予定を早めにご案内いたします。WEB出席も含めまして、多くの皆様にご参加いただければと思いますので日程調整をよろしくお願いいたします。
 
 

メインプログラム

ロータリーの良さを伝えよう公共イメージ委員長 兼会長エレクト 西 幸司
クラブ管理・運営委員会副委員長 松下 新平

               「ロータリーの良さを伝えよう」            

                      公共イメージ委員長・会長エレクト
                      西 幸司
                      (2730RECアマチュア無線同好会)

1973年の第四次中東戦争を機にアラブ産油国が原油の減産と大幅な値上げを行い、石油輸入国に失業・インフレ・貿易収支の悪化という深刻な打撃を与えた事件(第一次)。また、1979年のイラン革命に伴って産油量が減り、原油価格が急騰した事件(第二次)を石油ショックと言われ時に、真社会人となった重なり就職難で 県内就職を希望し鹿児島トヨタ自動車株式会社に入社しました。後に同僚4名が誘われて鹿児島RACの例会に出席し、私は鹿児島西RACに入会して卒業まで在籍してOBなても色んな行事で地区RAC担当ロータリアンなどと話す機会を得て社会人として多くを学び、会社外でも身に付けた知識の中でも「職業奉仕」「4つのテスト」が定年まで同一組織で勤められた基盤と思います。
 
丁度、両親の介護の為に定年退職時に延長採用を断り自由な時間の有る年金生活者になっている時に、ロータリーEクラブ2730開設準備室主要メンバーに鹿児島西RAC時代にお世話になったロータリアンに誘われて、「2730ジャパンカレントロータリーEクラブ」チャーターメンバーでロータリーアンの仲間入りし、先輩ロータリアンの姿を思い出ながら「ロータリー精神」を新たに学ぶ事になりました。ロータリアンとして出来る事は何か「第二の人生の送り方」を考えて「趣味で社会奉仕が出来ないか!」で地域社会奉仕(居住地:日置市)『青少年育成:「ボーイスカウト活動(BS日置第1団)」を育成団体(伊集院RC)から支援を頂きボーイスカウト運動に力を入れ、それとJARL(日本アマチュア無線連盟)鹿児島県支部の「電波教室ラジオ工作」を居住地開催で今年度「12月に鶴丸小学校(東市来町)・来年1月に日置市青少年のための科学の祭典でも電波教室を開催予定」を誘致、またJARL鹿児島県支部の役員から九州地区本部区域の仕事をする様になりました。
 
「アマチュア無線・ボーイスカウト」など趣味組織もロータリーと同様で会員減少で悩んで対策を模索中で、ロータリー行事やセミナー(勉強会)などで学んだ事で会員増強維持に我がクラブの会員募集活動にと「会社営業・RC用」名刺裏に関わっている組織などを明記し利用して名刺交換時にアピールする。公共イメージ向上で報道機関に取材依頼でロータリークラブと協賛合同活動プログラムにして案内すると新聞記事に掲載されるなどが有り、新聞記事に乗ったスカウトは知り合いの多くの大人に声を掛けられたと報告を受けました。
 
RI2730地区大会2018-2019年度地区大会に参加して「職業と社会奉仕〜あなた方は生き残れるか〜」などの公演を聞き、色んな関係する組織の後輩たちにロータリーをもっと強く紹介したいと思いました、年金生活者では出来ない事もロータリアンとして施設(役場・企業・学校)等に飛び込み訪問して新たな人脈を作ったりしているので、元の職場や大学の同僚先輩に若く生き生きしてると言われます、ロータリーで健康的にもボケる暇が無いし多くの知らなかった事柄を考える事が出来て、残りの人生も楽しみたいと思える事も「ロータリーの良さでしょう」
                                          


                「ロータリーの良さを伝えよう」

                           クラブ管理・運営委員会副委員長 
                           松下 新平

 

   敬愛する長峯基先生のお薦めで入会させていただいて以来、皆様には大変お世話になっております。ロータリーEクラブの皆様のご経験やご示唆など大変興味深く有り難く拝読しております。

   今回のテーマについて、昨年までに投稿したものをリニューアルしました。初めての方に自己紹介の意味とロータリーに入会して5年、その崇高な理念を再認識しましたので僭越ながら再掲させていただきます。
 

    私は、今年で52歳になりました。宮崎県職員、宮崎県議会議員2期5年を経て、37歳で参議院議員初当選、現在3期目を迎えており、自由民主党外交部会長の任にあります。私生活では同い年の妻と3人の娘(大学院生、大学3年生、高校卒フリーター)の父親です。身近な私の応援団です。

   私は、東京オリンピックの2年後の昭和41年、みかん農家の二男として、宮崎市(宮崎市の西15㎞ほどにあります旧高岡町、島津藩の出城があり、薩摩の風習が色濃く残っております。)で生まれました。兄、妹二人の四人兄弟でした。


   宮崎県議会議員だった父が、これからと張り切っていた矢先の44歳の若さで脳梗塞で倒れ、オレンジの自由化等の影響もあり、家が一気に傾きかけていました。

   私は、何か手助けをと、自然に、学校の時間以外で出来る新聞配達を始めました。

   当時毎朝配達をして、1ヶ月の給料は5千円でした。給料日には、一目散に、母に茶封筒のまま渡しておりました。いつも母は、笑顔で『ご苦労さん、助かるよ。』と受け取っていました。子供心に、家庭の助けになっていると満足感があったのを覚えています。


    高校卒業後は、夢を求めて、迷いなく日本の中心東京へ出て行きたいと胸を膨らましていました。もちろん、親に負担を一切かけない住み込みの新聞配達を見つけて全て手続きも自分で済ませました。苦学生のそんなに多い時代ではありませんでしたが、東京で挑戦出来る喜びに満ち溢れていたのを覚えています。


    上京する日の朝、玄関から靴を履いて家を出発しようとしていた私を母から呼び止め、これをと手渡されました。手渡されたのは郵便局の通帳数冊でした。その通帳を開けると、そこには5000円の数字が綺麗に並んでいました。あの時、家計の助けにと始めた新聞配達の給料が手付かずで毎月そのまま貯金されていたのです。私は、家計に役立っているものとばかり思っていたので大変驚きました。


    親思う心に勝る親心と申しますが、私も3人の娘の父親として、今はっきり分かります。夜明け前の寒風や雨の日の新聞配達に我が子を送り出す親の方がどれほど心配で辛かったか・・・。しかし、倒れた父親の分まで、強く生きて欲しいと、心を鬼にして新聞配達をする息子を見守ってくれたんだと・・・ 。


    それから、東京での6年間の生活も紆余曲折がありましたが、様々な出逢いがあり、多くの導きがありました。お陰様で、宮崎県職員、国会議員秘書そして夢であった政治家を職業として与えられ28年が経ちましたが、理想と現実に悩み眠れない夜も幾たびかありました。

   大きな転機となったのが、2011年3月11日、東日本大震災でした。福島第一原発事故に対する収束の不手際、初動の大失態もあり、かつて経験したことのない未曾有の大惨事に、日本の風景が一変しました。


    人間は、科学によって非常に豊かな文明を生み出しましたが、あらゆる科学が人類に役に立つものではないことが原発事故で突きつけられました。我々は、人類文明を破壊するような科学の危険性にこれまで目をそらしていたのではないか自問自答の日々が続きました。

   戦後の復興を成し遂げた80代の方々が、「この状況は、戦後の焼け野が原に似ている。今の若者に我々のような気概があるか」と話されているのを聞きました。「人智を超えたものに対する創造的な智恵」です。


    父が倒れ、新聞配達等様々な経験をした責任世代の私に、同志とともに、日本再興を課せられた使命であるとロータリーの教えを実践しております。

    郷土の偉人であるビタミンの父高木兼寛先生は「病気を診(み)ずして病人を診よ」という言葉を残されました。これは、医学の実践から出た言葉でしょうが、物事の本質を見極める原点として私の政治活動の範としております。

   大震災を経験した日本の将来は、助け合いの精神、慈悲の精神のみなぎった国家にしなくてはならないと想います。気は優しく力持ち、そういう日本をつくります。
 

   自民党政務調査会の外交部会長を拝命しましたので、報告させていただきます。

 党部会長とは自民党の政策を司る政務調査会に概ね省庁ごと置かれた責任者であり、外交部会長はその名の通り外交政策全般を所掌します。

 私は、これまで、県職員、県議会議員の経験を活かし、総務副大臣兼内閣副大臣、国土交通大臣政務官などを歴任して参りました。

    外交分野についても、平成28年から党安全保障調査会副会長や日本トルクメニスタン友好議員連盟事務局長、日韓協力委員会事務局長等41の外交関係議員連盟(詳細はホームページに掲載しております。)を始め積極的に携わって参りました。
 

  世界のパワーバランスが大きく変化し、保護主義が蔓延しつつある中で、日本の真価が問われます。

    来年、再来年は、皇位の継承、G20の初めての日本開催、東京五輪・パラリンピックなど重要日程が予定されています。

    北朝鮮の核実験やミサイル発射、各地で頻発するテロなどに対してもあらゆる事態を想定して対処して参ります。


   さらに、日米安全保障条約を基軸とした東アジア地域の安定の維持、TPPや各国とのEPA/FTAなどの経済連携、そして「人間の安全保障」と呼ばれる世界の貧困対策、感染症対策、災害救援など多方面にわたる国際協力など、世界の中で日本の果たすべき役割は極めて大きいものがあります。

 また近隣の国々との領土や歴史認識をめぐる諸課題にも、十分留意をしなければなりません。





            

出席報告副幹事 宮本 健児

【出席報告】
Eクラブ 出席率

第13回例会(通算191回例会)2018/10/22~2018/10/28
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
 22  22  20  0   0 90.90%

第12回例会(通算190回例会) 2018/10/15~2018/10/21
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
    22     22    20      0       0 90.90%

第11回例会(通算189回例会):2018/10/01~2018/10/07
 会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    22      22     20            0       0 90.90%
メークアップ報告
第13回例会(通算第191回例会)にメークアップされた方は、以下の11名(地区内3名、地区外8名)でした。

    小笠原 剛 (大分中央RC)
    蜂須賀   裕志(宮崎北RC)
    今村 幸史 (都城北RC)
    奥山 恵子 (小田原北RC)
    佐藤 理  (倉敷RC)
    尾形 学  (久留米北RC)
    武田 弘樹 (静岡東RC)
    宮崎 貴久 (静岡東RC)
    吉田 秀明 (延岡RC)
    宗政 寛  (福岡南RC)
    岡井   康弘 (大東RC)
    
メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


11月誕生日を迎える会員は、以下の通りです。
お誕生日おめでとうございます。
22日 池 海英さん
26日 花里 隆二さん
28日 菊池 平さん





今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第14回例会

「My Rotary」は、国際ロータリーの全世界に情報を発信しており、
情報を自主的に得ることで、ロータリーとしての視野や見聞を与え
てくれる重要なツールでもありますが、あなたは、この「Myロータリー」
に登録をしていますか?



例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages