ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »19-20年度 » 第12回例会(通算232回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第12回例会(通算232回例会)

例会の開催期間:2019年10月 7日正午 ~ 2019年10月13日正午
19-20年度RIテーマ 「Rotary connects the world ~ロータリーは世界をつなぐ~」
19-20年度2730地区テーマ 「クラブの活性化に努めよう」

例会プログラム

四つのテスト

ロータリーの目的

「ロータリーの目的」

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

1.知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
2.職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
3.ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
4.奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

付記
「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、また同時に行動をおこさなければならないものであるということで、RI理事会の意見が一致した(ロータリー章典26.020)

ロータリーソング

















君が代



会長の時間

会長の時間会長 西 幸司

    

       国際ロータリーテーマ  「ロータリーは 世界をつなぐ」
        RI2730   目 標   「クラブの活性化に努めよう」
2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2019−2020年度第12回例会(通算232回例会)を開催いたします。
 
 10月は「経済と地域社会の発展月間」です。「ラグビーワールドカップ2019」も開催されて、もちろん「JAPAN」を応援されると思いますが、居住地近くで事前練習をした国を家族で応援されるし、子供や孫とSNS等を利用して調べたりする、これが国際交流の第一歩と思います。
兄のラグビーが好きで甥っ子が筑波大学でラグビー選手として頑張って、4年で就職出来ずに大学院に進み、現在IT企業でマナージャーとして勤務している。彼の結婚式で社長さんの祝辞でのメッセージで入社面接時に彼の言った言葉「私の頭は筋肉出でていますし、チームワーク力はラグビーで鍛えました」を覚えていると語られました。そんな事で彼が高校生でラグビーに挑戦する時に、私もラグビーファンになりTVでの試合を良く見る様にないました。
「オリンピック2020」招致合戦が多く報じられましたが、「ラグビーワールドカップ2019」が「日本で開催出来たのでしょうか!」、私も知りませんでした。第7回大会から誘致活動をはじめて、招致運動をして第9回で開催出来る事になりました。森元総理招致委員長も名を挙げた。ラグビーW杯日本開催に尽力した功労者「外交官奥克彦さん」という、外務省入省後に英国ロンドン(オックスフォード大学)で2年間研修生活を送り大学ラグビークラブで1軍の公式戦に出場した初の日本人になりました。その後、外交官として世界を飛び回流間にも培った人脈を生かし、ラグビー協会の国際委員を務めて、森元総理に何度も通い、W杯日本開催への夢を訴えていたそうです。在英大使館参事官だった2003年、イラク北部を四輪駆動車で移動中に何者かに銃殺されたました、米国の先制攻撃に国際社会が割れた「イラク戦争」後の日本復興支援を探るため派遣されていた。ラグビーを通じた英国の政財界に幅広い人脈を築いた、「ラグビー大国での人脈が、日本が苦手なロビー活動に大きな力」となっていたそうです。
 ラグビーの精神として「One for all・all for one」が紹介される。「ひとりはみんなのために、みんなは一つのこと(勝利)のために」という意味で使われるこのフレーズが、ラグビーで使われるのでしょう。「みんなの力を合わせば、勝利をつかめるから」・「一人ひとりが個性を生かして、勝利を目指すから」・「スクラムを組んだりしたら、心が一つになるから」でしょう。
 ラグビーワールドカップのテームは31人で構成され、試合に出場するのは15人だ、大会へ向かう準備では、もっと多くの選手が代表入りを目指して汗を流して、選ばれし精鋭としてピッチに立つ15人は、リザーブメンバーだけでなくすべてのラガーマンの思いを胸に秘めてピッチに立つ。落選した人たちへのリスペクトが、揺るぎない敢闘精神の源になっていくのでしょう、ラグビーの魅力に迫っていると思います、試合終了後のピッチに「流れる温かな空気」が有る。「悔しさと嬉しさを分かち合う」・「お互いのプレーを褒め合う」・「心を通わせている」のでしよう。ラグビーは「ノーサイド」それは『サイドが無くなる』ことで、「敵も味方なくお互いを讃え合う」それがラグビーのレガシー(遺産)と思います。


幹事・委員会報告

幹事報告幹事 宮本 健児

                                    幹事 宮本 健児
以下、幹事報告をいたします。
 
【Eクラブ行事等の案内】
●ポリオ撲滅街頭募金in宮崎について
 ※現在イオンモール宮崎と開催日についてスケジュールを調整中です。
  詳細が決まりましたらお知らせ致します。
 
【Eクラブ行事報告】 
・報告はございません。
 
【地区及び分区に関する案内】
2019-20年度 国際ロータリー第2730地区 地区大会開催
日時:令和元年 10月4日(金)~10月6日(日)
場所:シーガイアコンベンションセンター(宮崎市)
 
【地区及び分区に関する報告】
・報告はございません。
 
 【他クラブの行事等に関する案内】
・「宮崎北ロータリークラブ創立50周年記念式典」
 日時:令和元年9月21日(土) 
 場所:宮崎観光ホテル(宮崎市)
 参加者:菊地 平 宮本健児
※宮崎北ロータリークラブ創立50周年記念式典が開催されました。
 記念講演はサッカー元日本代表の前園真聖さんが登壇され、現在のサッカー事情についてや、自身が体験された失敗とこれまでについてのお話しがありました。また、懇親会も盛会の内に終了致しました。
 
 
【Eクラブ内 連絡事項】
★例会プログラムについて
 クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会より、「例会年間計画」と「直近の例会プログラム、各記事の担当者のお知らせ」を、ご登録いただいているメールへ送られております。
各自メールチェックをしていただき、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。
 
★メークアップの連絡について
 クラブ会員の出席については、幹事と副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの例会に出席できなかった時は、お住いの地域のトラディショナルクラブや他地区のEクラブの例会でメークアップされることをお願いしております。そこで、メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた日付とクラブ名を幹事へ報告してください。よろしくお願いいたします。


委員会報告

    

メインプログラム

「結成5周年を迎えて」SAA 花里 隆二

「結成5周年を迎えて」
   
                               SAA 花里 隆二
 
5周年はあっと間に過ぎたという印象ですが、ロータリーになり、それなりの悩みやジ
レンマに襲われ、楽しいロータリーとは?を模索しているのも事実です。
例会プログラムに携わることが多く、基本中の基本である例会を運営し未来永劫キャ
ンセルを出すことなく続けることの大変さを痛感しています。

先輩ロータリアンの数十年の例会出席やトラデイショナルクラブの例会回数の桁違いを
見ると気が遠くなりますが、千里の道も一歩よりなので、1回1回終わるたびに安堵と
次に向けての緊張が出てきます。

自分の職業やサラリーマンという立場上、ロータリアンになって優位にたっていること
もなく、時間やお金に裁量権はほとんどないのが実情ですが、24歳でRACに入り、
25年近くロータリーとの縁をつないできたのも何かの縁で、Eクラブ結成時のチャーター
メンバーとして招集され、会員の協力で、ここまで、何とかやってきたという思いです。
長年のつきあいと信頼の中で活動をつづけているところが大きく、助けをいただき感謝
しております。ありがとうございます。

ロータリーに入り、思うことは、精神や理念を未来永劫、自分で成長させていく修養の場
であると思っています。退会年齢制限もないため利益主導の会社の人財教育とは一線を画
している一生続く、社会に直結した人財教育活動だと思います。
お金の利益ではない、人や社会の笑顔、平和な活動を推進するなど、目に見えない人間と
しての精神的な奉仕・心持ち・モチベーションを持ち続けることは、人間ができていない
自分には、しんどくなることもあります。

サラリーマンの立場から言わせていただきますと、人とのつながりで商売や事業の広がりがみえてくることは、経営者様の多いロータリークラブでは、良いことにつながる可能性が広くなり、加えて、奉仕もでき、すばらしいだろうなと個人的に思います。
それでもやめていく方がいるのは本当に惜しいと思います。当方のように、経営層にはいないサラリーマンは、人生においての学び、心の支え、道徳になるという部分に主眼を置いて活動をしていくことに価値を見出せるかどうかが継続するための重要な要素で、本当に、ロータリーの精神を心から良いと思わないと、トラディショナルクラブより安価な会費を払っていますが、それでも、継続するのは難しいと肌で感じています。

ローターアクトに出会い、情熱と自分の時間を可能な限り捧げて、人生の誇りになる活動をしたという自負とそこで、出会った仲間が、当クラブにいるので、損得勘定を超えているので継続しています。これも現実です。
Eクラブでのロータリーの入会により、国際ロータリーが世界で活動していることも誇りに思えることが多くなり、その一員として活動していることも自分の支えになっているというところもあり、よくわからない悩み・ジレンマのようになり、冒頭である楽しみの模索になっています。
やはり、楽しいと言えるのは、経営者様の方がサラリーマンよりは、より感じやすいと思いますし、サラリーマンには理解できない、想像を絶する困難を超えて、今の事業があり、事業を継続するには、いろいろあるけど、それでも、ロータリー活動に身を置き、実践することについて、尊敬に値すると個人的に思います。自虐的ではありますが、本当にそう感じております。

例会プログラム運営を通じて、会員の様々考えの折に触れ、自分の考えは甘いなとか視野狭いなと感じることがあり、貴重な例会を楽しみにしている方々がいますのでこれも1つの貢献だという使命感で、HPをアップし続けています。
最近、成功をしても道徳や人間性が欠落しているようなニュースを見ると、「道徳やモラルある人間」として、どうなのか?これは、地球市民として、どうなのか?とそれでもリーダーか?思ってしまいます。
NHKでは達人X達人で、音楽の東京スカイオーケストラのテーマは、No Border(壁はない)でコラボやコンサートが世界で評価され、ワールドカップ開催中のラグビーには、ノーサイドという自分も好きな言葉で、お互いを尊重、人種を超え、敵味方なく融合すると、皆平和になるのでしょうけど。ロータリーの目指す道だと自分勝手に思っています。

一人の少女が地球温暖化で国連本部での演説で大人に対して、鋭く指摘・意見をつきつけ
ました。自分含めて大人がやってきた責任回避や都合のいい言い訳、大人という仮面をか
ぶった未熟な子供のような行動であると言っており、本当に正しく、反論の余地はありま
せん。
ここ10年は、地球温暖化に重大な影響を及ぼす大切な時期だとニュースでも言っています。
結成5周年が経ち、10周年、20周年未来永劫に向けて、ロータリーもさらに急ピッチですすめなければいけない課題ができてきており、自分利益優先では、この温暖化問題含めて、すべての問題は解決しません。
ロータリーは世界共通の差別のない活動をしており、誇りを胸に、今後も微力ながら、まずは、次の10年に向けて、ロータリー活動を継続していきたいと思います。
 
他会員の皆様のように、積極的で明るく前向きで、うまい表現で原稿やコメントが書ければいいのですが、偏見もなく中立で、うまく書こうと思った途端、プレッシャーで、書けなくなるということがおきてしまいました。一人ぐらい、こんな会員がいてもいいのではないか?と思い、自分の心情赴くままに書いています。ご批判等あろうかと思いますが、ご容赦いただけますと幸甚です。
 
                                       以 上
 
 

出席報告副幹事 廣田 みき

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第11回例会(通算231回例会) 2019/9/30~2019/10/06
会員数 出席義務
会員数
出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数 出席率
   19     18     16      1       1 94.4%
第10回例会(通算230回例会) 2019/9/23~2019/9/29
会員数 出席義務会員数 出 席 
会員数
出席免除 会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    19     18     16      1      1  94.4%
第9回例会(通算229回例会) 2019/9/9~2019/9/15
会員数 出席義務会員数 出 席 会員数 出席免除会員数 メーキャップ出席会員数  出席率
    19     18    16      0      2    94.7%

メークアップ報告
第11回例会(通算第231回例会)にメークアップされた方は、以下の6名(地区内2名、地区外4名)でした。

中野 寿康さん (鹿児島RC)
岡田 耕平さん (大阪大手前北RC)
岩永 信昭さん (長崎北東RC)
税所 秀雄さん (阿久根RC)
佐藤 理さん  (倉敷RC)
七枝 俊洋さん (広島中央RC)

メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


10月誕生日を迎える会員は、以下の1名です。
お誕生日おめでとうございます。

宮本 健児さん 27日






今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第12回例会(通算232回例会)

2.050. 喫煙
会員ならびに来賓は、会合およびその他のロータリーの行事
中に喫煙すべきではない。

2.060. クラブの合併
同一地区内の二つ以上のクラブは、RIに対する金銭上および
その他の義務を各クラブが果たしており、理事会が合併を承認
した場合、自主的に合併できる。
合併の申請には、それぞれのクラブが合併に合意した証明書を
添付するものとする。
一つまたは複数の他のクラブと同じ所在地域内に、合併した
クラブを結成できる。理事会は、合併したクラブが、合併する
いずれかのクラブの名称、加盟日、徽章、およびその他のRIの
記章を保持することを許可できる。

上記は、国際ロータリー細則第2条に書かれていることを知っていましたか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages