ロータリーE-クラブは一般のクラブ(Traditional Club)とその活動に於いて異なるところはありません。
毎週例会を開き、奉仕プロジェクトを実施し、ロータリー財団を支援し、会員同士の親睦を深めます。
  • すべて開く
  • すべて閉じる
  • 印刷プレビュー(別窓)
ロータリー資料室

ロータリーに関する資料を集めてみました。参考にしてください。

ロータリー資料室
TOP »例会 »19-20年度 » 第4回例会(通算224回例会)
この例会への参加の受付は終了しています

あなたはこの例会に参加していません。

第4回例会(通算224回例会)

例会の開催期間:2019年7月29日正午 ~ 2019年8月 4日正午

例会プログラム

会長の時間

会長の時間会長 西 幸司

    

       国際ロータリーテーマ  「ロータリーは 世界をつなぐ」
        RI2730   目 標   「クラブの活性化に努めよう」

 2730ジャパンカレントロータリーEクラブの2019−2020年度第4回例会(通算224回例会)を開催いたします。
 
ガバナー月信7月号(2019.7.1 No.1)に2019–2020年度第2730地区目標・計画について『地区計画』の記事、
① 童心と共に原点を大事にして変化を受け入れ目標に向かおう
② 女性会員が10%未満のクラブは10%以上に増強しよう
③ クラブ会員が50名以下のクラブは10名単位で会員を増強しよう
④ 姉妹クラブがないクラブは国内もしくは国外に姉妹クラブを一つ作ろう
⑤ 5年間グローバル補助金を使用していないクラブは、財団のグローバル補助金を使い、国境を超えた恵まれない人々を支援する活動をしよう
上記の項目が有ります、我がクラブでは「創立時の会員総数より多い25名以上に仲間を増員」する事が、早急な目標と思います 、特に我らの特徴でも有る
① 「創立5周年記念式典」を心の一つ目の節目として前向きに新たなスタート切った
② 女性会員が多い
③ 会員の平均年齢が40代
④ 全国Eクラブフォーラムでの親睦とRAC時代の友
⑤ 世界各地を移動する会員がいる
機関紙(リータリーの友・ガバナー月信)などと「MY ROTARI」の情報を得て会員増強へ、皆さんと力を合わせて復活させる事です。
ロータリーで良く出てくる「奉仕」と言う言葉が有ります、「ロータリーの歴史に学ぶ」に『Service』:動詞serve(奉仕する、仕エル)はラテン語のservus(奴隷)に由来する言葉で、キリスト教でservceとは“奉仕”、“勤める事”を意味して、人々が用いる英語の意味とは異なる内容でしたと有ります。
 地域行事(清掃作業・祭りなど)で主催者(自治体など)よりボランティア募集が有り、例えば「ボランティア」に有償(金銭及び物品で弁当支給)と無給での作業が有りますが、「奉仕とサービス」の意味を皆さんはどう考えますか。

幹事・委員会報告

幹事報告幹事 宮本 健児

                                    幹事 宮本 健児
以下、幹事報告をいたします。

【Eクラブ行事等の案内
・案内はございません。
 
Eクラブ行事報告】
・報告はございません。
 
【地区及び分区に関する案内】
●2019-20年度 地区ロータリー財団・補助金管理セミナー開催のご案内
日時:令和元年8月4日(日) 受付開始13:00~16:00
場所:メインホテル5F(都城市)
登録料:1人2,000円
参加予定者:西会長

【地区及び分区に関する報告
・報告はございません。
 
 【他クラブの行事等に関する案内
●「宮崎北ロータリークラブ創立記念50周年記念式典・記念講演・祝賀会のご案内」
 日時:令和元年9月21日(土) 
 式典16:00~、記念講演17:15~、祝賀会18:00~
 場所:宮崎観光ホテル(宮崎市)
 登録料:10,000円
 登録締切:8月21日
 参加予定者:宮本
  ※詳細につきましてはメールをお送りしておりますのでご確認ください。
 
【Eクラブ内 連絡事項】
★例会プログラムについて
 クラブ会員の皆様へ例会プログラム委員会より、「例会年間計画」と「直近の例会プログラム、各記事の担当者のお知らせ」を、ご登録いただいているメールへ送られております。
各自メールチェックをしていただき、例会が滞りなく行われますよう、ご協力をお願いいたします。

★メークアップの連絡について
 クラブ会員の出席については、幹事と副幹事で年間を通じて集計させて頂いており、自クラブの例会に出席できなかった時は、お住いの地域のトラディショナルクラブや他地区のEクラブの例会でメークアップされることをお願いしております。そこで、メークアップされた会員につきましては、必ずメークアップされた日付とクラブ名を幹事へ報告してください。よろしくお願いいたします。


委員会報告ロータリー財団委員長 戸高 豊文
米山奨学会委員長 無漏田 幸呼

年次計画 ロータリー財団委員会
委員長 戸高豊文
 
【委員長挨拶】
 ロータリー財団(TRF)は1917年に設立された慈善団体です。皆様からの寄付は3年後に利用されます。運営費は3年間の投資益で賄っていますので、寄付の92%以上が現地のプロジェクトに有効利用されます。このような寄付を3年後に利用する仕組みはTRF独自の仕組みです。日本の公益財団法人ロータリー日本財団は税制上の優遇措置が受けられる認定団体になっています。また、ポリオ撲滅活動への寄付はビル・ゲイツ財団がその2倍を拠出しますので、例えば5,000円のポリオへの寄付は15,000円になります。さらに、年次寄付の50%は地区活動資金(DDF)としてクラブで利用できます。このようにTRFは世界の慈善団体の中で、とても良心的で効率的な団体です。
【年次目標】
❝My Rotaryを活用して、ロータリーを知ろう!❞
My Rotaryの内容を1週間に1回探索してみることで……
 1) 国際ロータリー(RI)の仕組み、財政、目標を知る。
 2) ロータリー財団(TRF)の仕組み、財政、目標を知る。
 3) クラブ及び地区の目標、活動の推移、結果、広報を知る。
 4) SNSなどで関連した最新情報を知る。
【年度計画】
1. 一番効率的で、一番緊急性がある寄付はポリオ撲滅活動への寄付です。年間3,000円が推奨されています。ビル・ゲイツ財団の2倍のマッチングで9,000円になります。まずは、このポリオへの寄付をお願いします。
2. その他の寄付は、TRFの有効利用の仕組みをよくご理解の上、賛同されてご寄付ください。例えば年次寄付の25%は地区補助金として利用されていますが、その内容を My Rotary で確認されましたか?またグローバル補助金やロータリー平和センターへの寄付はどのように利用されているでしょう。また2019年1月より「ロータリー災害救援基金」への寄付ができるようになりました。
3. 身近にあるクラブの地区補助金を利用した活動に積極的に参加してみましょう。My Rotary で地区補助金の内容を確認して、身近なクラブに連絡して実際に補助金活動を体験してみましょう。
【活動計画】
タイトル ロータリー財団とポリオの最新情報を知ろう!
活動内容 ネット回線あるいはリアル会合を開催して情報交換をする。
活動時期 検討中
 備考 :まずは知ることから始めよう!

                              


年次計画 米山記念奨学会委員会
委 員 長 :無漏田 幸呼

【 委員長挨拶 】
  2018~19年度において2730地区は、米山記念奨学事業に対して下記のとおり寄付を行いました。
◎一人当たり10,547円(全国のロータリー34地区中28番目)
【ジャパンカレントEクラブ 一人当たり6,619円】
※過去累計額順位(全国のロータリー34地区中30番目)
 
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に在留している私費外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し支援する、民間の奨学財団です。日本の文化、日本人の心を世界各国からの留学生へ伝え、世界の平和と発展に貢献するこの事業となります。
 ロータリー米山記念奨学会は「特定公益増進法人」に認定されているため、税制上の優遇措置を受けられます。
 
本年度は、昨年度に引き続き米山記念奨学事業に対する理解と興味を更に持っていただき、「寄付をしたくなる」ような取り組みを継続実施してまいりたいと考えています。

【 年次目標 】
  年次寄付目標:10,000円/人(普通寄付金:5,000円+特別寄付金:5,000円)
  
【 年次計画 】
 1 ロータリー米山記念奨学事業への更なる理解促進
 2 活動報告等を紹介し、親近感を持てるようにする。
 3 例会での会員寄付実績及び他クラブ寄付実績の報告

【 活動計画 】
タイトル 米山月間における「寄付をしたくなるような取り組み」
活動内容 ①米山記念奨学事業への理解促進
②米山奨学生による卓話
③米山奨学生カウンセラーによる卓話  など
活動時期(期間) 10月(米山月間)
 
 
          

メインプログラム

「創立5周年を迎えて」公共イメージ委員長 東 岳也

「創立5周年を迎えて」
公共イメージ委員長 東 岳也
 
 まずは、前年度創立5周年記念式典実行委員長として、会員の皆様のお力を頂き無事に周年を終えることができましたことは「感謝」の一言です。
 当時の自分の体調でお引き受けして良い物かどうか、ロータリーには「はい か YES」しかないんだよなと考えながら、でも会員の皆さんがきっと助けてくれると信じ、お引き受けしたところでした。
 実際に、話し合いが進むにつれ、会員がお互いのことを思い「多くは語らずとも進んでいく様」は、ローターアクトに在籍していた時に尊敬するロータリアンに教わった「奉仕」の姿をリアルに体験させていただきました。
 特に、前日の準備では、特段打ち合わせのないままでしたが、集まってくれたメンバーが、それぞれに必要な事、できる事を考え、実行に移している場面を見て、このメンバーと活動を共にしてきて良かったと思い、よく親睦(懇親会)こそロータリーの友情と聞きますが、これこそが本当の「ロータリーの友情」なのではと感じました。皆様の「ロータリーの友情」に感謝いたします。
 
 そして、今回「自分にとって5周年を迎えて」ということでメインプログラムを担当しますが、一人の尊敬するロータリアンへの思いを書かせて頂きます。
 前回のコメントにも少し掲載させていただきましたが、7月12日に訃報が届きました。私たちのクラブを発足するきっかけとなった鹿児島東南RC山田忠滋様が心筋梗塞のため亡くなられました。私たちの5周年記念式典にも元気な姿で出席していただいており、ただただ驚きを隠せませんでした。倒れられたのが5周年の2日後と後からお聞きし、無理をさせたのではと思っております。

 山田様との出会いは22年前、自分がRAC地区代表をした時の翌年度のための地区研修協議会だったと思います。「地区旗もうちの地区だけない」、「全国研修にも行かせてもらえない」と、今考えるとロータリーに山田様が入会された翌年にそんなことを訴えていたのかと反省しきりですが、それから事あるごとに相談をさせていただき、翌々年度には全国RAC研修会の開催を鹿児島で実現までしていただきました。卒業後も事あるごとにRACOB・OGを集めては楽しくお話しさせていただきました。
 Eクラブの話しも実は1度試験的クラブの段階で、山田様からお話しをいただきました。当時は自分たちの発足以前に反対意見も強くお断りを申し上げましたが、2013年11月のRAC地区大会にOBとして参加をしていた時に、大迫PDGと席を一緒にしていた山田様がOBを集め、Eクラブ発足の打診を大迫PDGにし、急きょEクラブ発足の話が再燃いたしました。それからというもの年明けには正式に準備室が立ち上がり、第1回の話し合いでは自分に会長、今柳田さんに幹事をと決定し、4月には仮クラブ、6月23日には認証ときて、自分は今ロータリアンとなって5年を迎えております。
 葬儀には同じ思いであったと思うメンバーが通夜、葬式と山田様の最後を見送りたいと親族と同様にお手伝いをさせていただきました。
 「山田様がこれまで熱心に行ってきた青少年奉仕の結果です」と棺に納めさせていただいたお手紙に書かせていただきました。
 間違いなく今の自分を作り上げていただいたのはこの山田様あってのことであり、これからも一番尊敬し、目標にするロータリアンの一人であることは間違いありません。教えていただいた一つ一つのことを胸に抱いて今後もロータリアンとしていきたいと思います。


出席報告副幹事 廣田 みき

【出席報告】
Eクラブ 出席率
第3回例会(通算223回例会) 2019/7/22~2019/7/28
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除
会員数
メーキャップ
出席会員数
出席率
19 18 16 1 0 88.9%
第2回例会(通算222回例会)2019/7/8~2019/7/14
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除会員数 メーキャップ
出席会員数
出席率
19 18 15 1 0 83.33%
第1回例会(通算221回例会) 2019/7/1~2019/7/7
会員数 出席義務会員数 出 席
会員数
出席免除
会員数
メーキャップ
出席会員数
 出席率
19 18 16 1 0 88.88%

メークアップ報告
第3回例会(通算第223回例会)にメークアップされた方は、以下の 5名(地区内4名、地区外1名)でした。

下園 満さん(阿久根RC)
佐藤 理さん(倉敷RC)
甲佐 敬さん(延岡東RC)
松元 まやさん(鹿児島中央RC)
二見 康之さん(都城RC)
 
メークアップ参加、ありがとうございました。
 
 

今月の誕生者


8月誕生日を迎える会員は、以下の3名です。
お誕生日おめでとうございます。

松岡 高史さん  1日
松下 新平さん 18日
柴田 伸久さん 29日




今週の例会の質問と課題

今週の例会の質問と課題は・・・

例会の質問

第4回例会(通算224回例会)

第1条 定義
本条の語句は、本細則で使われる場合、他に明確に規定がない限り
次の意味を持つものとする。
1. 理事会: 国際ロータリー理事会
2. クラブ: ロータリークラブ
3. 組織規定: 国際ロータリー定款・細則と標準ロータリークラブ定款
4. ガバナー: ロータリー地区のガバナー
5. 会員: 名誉会員以外のロータリークラブ会員
6. RI: 国際ロータリー
7. RIBI: グレートブリテンおよびアイルランド内国際ロータリー
という管理上の地域単位
8. 衛星クラブ: 潜在的クラブ。その会員は、スポンサークラブの会員でもある。
9. 年度: 7月1日に始まる12カ月間

上記は、国際ロータリー細則第1条に書かれていることを知っていましたか。

例会の課題(感想)

Q1,Q2,Q3の質問からお好きな項目を選んでお書きください。

Q1)「メインプログラム」についてご意見・ご感想。/

Q2) 例会に参加された感想、会長挨拶、委員会報告等についてのご意見・ご感想。/

Q3)近況、日常の何気ない出来事などを自由に。/


 

BackGroundimages BackGroundimages